スポンサーリンク

本橋麻里 三度、五輪を目指す…選手名鑑(女子カーリング)

本橋麻里(女子カーリング)

LS北見(ロコ・ソラーレ)を結成し、三度目の五輪を目指している本橋麻里。しかし、ライバルである北海道銀行フォルティウスが彼女の前に大きく立ちはだかっています。かつてはチーム青森に所属し、2度の五輪に出場している女子カーリング・本橋に今回はせまります!

本橋麻里 選手名鑑

locosolare

北海道北見市(旧常呂郡常呂町)出身 

160cm/56kg 

1986年8月10日生まれ

12歳でカーリングを始める

本橋麻里がカーリングにであったのは12歳の時です。2002年には『マリリンズ』のスキップとして日本ジュニア選手権で優勝しています。このマリリンズには、現在、北海道銀行にいる近江谷杏菜も所属していたことがあります。2003年には川西建設女子にリザーブとして入ります。

チーム青森に加入し、二度の五輪へ

2005年にはチーム青森に参加し、小笠原歩、船山弓枝らのチームメイトになっています。2006年には念願のトリノ五輪にセカンドとして出場をはたしました。成績は7位に終わっています。

2006年はチーム青森が激動の時を迎え、小笠原歩、船山弓枝が離脱しています。サードとスキップを失ったチーム青森の中心選手に本橋麻里はなりました。

2007年には新チームを率い、パシフィック選手権で韓国に勝って2位を獲得。それに伴い、2008年に世界カーリング選手権に出場し、4位という好成績をあげます。

2010年にはバンクーバー五輪にセカンドで出場し、3勝6敗で最終順位8位で終えています。また、世界カーリング選手権では11位と惨敗。この年、本橋はチーム青森の離脱を発表。北見市(常呂町)に拠点を置くロコ・ソラーレ(LS北見)を結成します。

ロコ・ソラーレ

Embed from Getty Images

2010年の8月に「ECOE」の馬渕恵と江田茜、「ROBINS」の吉田夕梨花と鈴木夕湖と共に新チームの結成となりました。しかし、ソチ五輪の日本代表決定戦では、中部電力に敗れて、手が届きませんでした。引退もささやかれた本橋ですが、この後も現役生活を続行。チームには北海道銀行に所属していた吉田知那美が加入。新たな体制で、五輪をめざし活動を再開しています。

2014年の日本カーリング選手権では、北海道銀行に敗れて惜しくも2位。しかし、チームは確実に前進していることを示しています。

プライベート

好きな飲み物:お茶・ミルクティー・カフェラテ 

好きな食べ物:お稲荷さん・かぼちゃ団子 

好きな時間:無言で乗り物に乗って移動している時間 

好きな映画:となりのトトロ 

好きなライフスタイル:ラフナチュラル

※カーリング トップページ