スポンサーリンク
卓球

速報9/14卓球2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 日本代表VSTリーグ選抜

クラウドファイテングで開催費用が集まり、9月14日に卓球JAPAN オールスタードリームマッチ2020が行われることになりました。開催ルールは、1部が9試合、2部は男子日本代表VS女子日本代表という、まさにオールスターにふさわしい試みがなされます。注目の大会を速報していきます。
卓球女子

卓球Tリーグ・女子 2020-2021シーズン 日程、スケジュール、ルール(3rdシーズン)

病気の流行もあり開催が危ぶまれていましたが、卓球Tリーグ3rdシーズンは11月から開幕することになりました(年内無観客)。このページでは卓球Tリーグ・女子 2020-2021シーズン(3rdシーズン)の日程、スケジュールをお伝えしていきます。
錦織圭

9/21~ハンブルク ヨーロピアン・オープン2020 錦織圭のドロー、組み合わせ、試合結果、テレビ放送、出場選手(ドイツ国際)

ATPツアーが再開し、ゼネラリ・オープン、イタリア国際に続き、錦織圭がエントリーしたのがハンブルク ヨーロピアン・オープン2020(ドイツ国際)になります。ATP500の大会で、メドベージェフなどトップ10も5人出場と、強豪ぞろいの大会になります。錦織圭のハンブルク ヨーロピアン・オープン、男子シングルスの錦織圭のドロー、組み合わせ、試合結果、テレビ放送、出場選手をお伝えします。
バドミントン

10/3~トマス杯2020 日本代表の試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送(男子・世界バドミントン国別対抗戦)

バドミントンワールドツアーがいよいよ再開します。デンマークで10月にトマス杯が開催される運びとなりました。トマス杯(Thomas Cup)は2年に一度行われる男子の国別対抗戦です。日本のエース桃田、さらにダブルスでも園田・嘉村ら巧者をそろえる日本代表。優勝候補の一角です。トマス杯2020の日本代表の試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送などを掲載します。
バドミントン

10/3~ユーバー杯2020 日本代表の試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送(女子・世界バドミントン国別対抗戦)

バドミントンワールドツアーが長らく中断していましたが、ユーバー杯が行われることになりました。ユーバー杯( Uber Cup )は2年に一度行われる国別対抗戦です。いわば、女子最高の国を決める大会です。2018年は中国の4連覇を阻み、日本が久々に優勝しています。ユーバー杯2020の日本代表の試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送などを見ていきましょう。
錦織圭

速報9/8ゼネラリオープン2020・1回戦 錦織圭VSキツマノビッチ(データ/結果/マッチサマリー)

ゼネラリ・オープン2020で1年ぶりに錦織圭がATPツアーに復帰します。対戦相手はセルビアの若手ですキツマノビッチ(47位)になりました。クレーでの初戦、注目の1回戦です。錦織の1回戦を速報していきますが、マッチサマリーなども試合後にお届けします。
錦織圭

錦織圭のラケット、ウェア、シューズ

日本のエースとしてテニスの最前線で活躍している錦織圭。 屈指のリターナー、トップレベルのストローカーであり、前に出て相手の時間を奪うテニスを助けているのが、錦織が身に着けているラケットやウェア、シューズなどです。 このページでは錦織が使用しているテニスラケット、ウェア、シューズなどを紹介しています。
卓球女子

11/8~卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 試合結果、組み合わせ、出場選手 伊藤美誠、石川佳純が参加予定

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020が中国で行われます。ワールドツアーの再会、リスタートとして国際卓球連盟も紹介しています。日本代表は伊藤、石川の2人が出場予定です。卓球女子・W杯の試合結果、組み合わせ、出場選手を掲載していきます。
大坂なおみ

速報9/7全米オープン2020・4回戦 大坂なおみVSコンタベイト(データ/結果/マッチサマリー)

グランドスラム・全米オープン2020、素晴らしい強さを見せている大坂なおみ。海外からもそのプレーに称賛の声があがっています。2度目の優勝という偉業に向けて、4回戦ではアネット・コンタベイト(エストニア・21位)と対戦します。過去4勝0敗と相性の良い相手ですが、大坂のプレーに注目です。全米オープン・4回戦、大坂VSコンタベイトを速報します。合わせてデータやマッチサマリーをお届けします。
ブログ

ブログで1700万PVを達成するまでにしたこと

あるブログを運営していましたが、登録して書いていたのはだいぶ前でした。メインで書くようになったのは2015年の後半からでした。 特に熱心に更新していたのは2016年、2017年です。 2018年は錦織圭選手に怪我もあって、記事数が減ったと記憶しています。 1700万PVに至る理由などを振り返ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました