スポンサーリンク

吉田知那美 LS北見所属・女子カーリング 選手名鑑

吉田知那美(女子カーリング)

中学時代に、五輪チームを破る活躍を見せながらも、その後チームは解散。一度はカーリングから距離を置くも、カナダではカーリングの名選手だったフジロイミキに薫陶を受け、再び選手生活へ…北海道銀行では、控えながらも急きょ、出番が回って五輪で活躍、その後、北海道銀行からLS北見へ……このページでは、様々な経験を経て、LS北見で活躍している吉田知那美について、まとめています!

吉田知那美 選手名鑑

Embed from Getty Images

北海道北見市常呂町出身

157cm

1991年7月26日生まれ

チーム:LS北見(ロコ・ソラーレ)

所属:ネッツトヨタ北見株式会社

小学校2年からカーリングを始め、4年からは大会にも出るようになった。

北見市立常呂中学校時代には、鈴木夕湖、小野寺佳歩などと共に「常呂中学校ROBINS」を結成。2006年の日本カーリング選手権では、トリノ五輪代表だったチーム青森(小笠原歩ら)から、予選リーグで勝利するなど3位に入り中学生旋風を起こした。ちなみに、このチームでも、小野寺亮二(現LS北見コーチ)がコーチをしていた。

※常呂中学校は、小笠原歩、林弓枝、本橋麻里も卒業生。5年生からカーリングは授業という環境

高校に入学すると、チーム名を「常呂JJ」に変更、心機一転、飛躍を望むも、メンバーの進学先が異なったため、練習時間が思ったように取れない日々が続いた。その結果、成績も伸び悩んだ。

大学からは、チームとして勧誘があった。しかし、高校が終わるころにチームがダメになり、解散せざるをえなかった。

その後、カナダに語学留学する。

留学先は後に日本代表の監督となるフジロイミキの自宅だった。そこで、フジロイミキに「本当はカーリングをしたい」と話したことから、カーリングを再び始めるようになった。 カーリングが盛んなカナダでは、細かい技術、生活態度や試合に臨むまでのピーキング期間での過ごし方、メンタルなど、様々なことを学んだ。

そして、ジュニア時代に面識があった北海道銀行のリーダである小笠原歩に声をかけられ、北海道銀行フォルティウスに入団した。

北海道銀行時代は、広報に所属。CSR(企業の社会的責任)、顧客満足、マスコミ、イベント対応などの仕事をしていた。

2013年にはソチオリンピック世界最終予選に出場するも、リザーブ(フィフス)のまま、出場機会を得ることはなかった。

2014年のソチ五輪では、リザーブとして五輪に参加。しかし、小野寺佳歩がインフルエンザにかかったため、セカンドとして出場した。

日本代表は4勝5敗で5位と健闘、準決勝進出まであと1歩と迫った。慣れないセカンドをこなした吉田は「技術のなさや心の弱さを認められた良い大会でした」と総括。

最初は成績に満足できなかったが、ファンからの「ありがとう」「おめでとう」という声を聞くことで、前向きに結果を受け入れられるようになったという。

大会中、小野寺からは「大丈夫だから、チナならできるから」と声をかけられて励まされた。

五輪後には、フジロイミキコーチに「五輪の舞台で知那美がこんなプレーをするなんて良い意味での誤算だった」と称賛された。

五輪後には戦力外となり北海道銀行を退団。地元の常呂に帰った。

一時は職もチームも決まらず、五輪を目指す道も絶たれたかに思えたが…。

地元のネッツトヨタ北見株式会社の会長、社長が「給料はいくらでもいい」「もう一度地元で世界を目指したい」という吉田の熱意に心を動かされ、働くことになった。また、この会社はLS北見を支援していた。

後に「実績も経験も何もない私の言葉をよく信じて応援してくれた」と感謝の気持ちを述べている。また、地元北見については「再出発の場所」と述べた。

本橋麻里の誘いがあり、LS北見に入団。

2015年の10月にはLS北見のサードとして、パシフィックアジアカーリング選手権の日本代表選考会に参加。新たに藤澤五月らを加えたLS北見は、北海度銀行に競り勝って、日本代表の座をつかんでいる。なお、本大会は11月7日から開催される。

2016年の世界女子カーリング選手権ではサードで出場、スキップの藤澤五月との相性も良く、日本史上初の銀メダル獲得に貢献した。

2017年の日本代表決定戦では好調、安定感あるショットで勝利に貢献。チームは3勝1敗で、平昌五輪の日本代表となった。

スポンサーリンク



エピソード

Embed from Getty Images

オフの日は、妹、姉、姉の夫などとご飯をたべて、息抜きをする。 このメンバーは、全員がカーリング選手である。

高校時代にスイスのスキップであるミリアム・オットにファンレターを送って、返事をもらったことがある。吉田の書いた内容は「いつか五輪であなたと戦い、勝ちたい」というもので、ソチ五輪では手紙を持参していて、対戦して勝利することができた。ちなみに、オットーからの返信には「バンクーバー五輪の私たちの戦いはどう見ましたか。あなたのカーリング人生が素晴らしいものになることを願っています」と書かれていた。

趣味は旅行、好物はいちご 、銀杏

好きな映画は「ショーシャンクの空に…」

妹の吉田夕梨花も、LS北見に所属している。主にリード(1番手)を務めている。 

☆カーリング情報が充実→トップページ