早田ひな 伊藤、平野と同じ平成12年生まれ 東京五輪を目指す世代 選手名鑑
スポンサーリンク
今週の格言
今週の格言
才能とは、自分自身を、自分の力を信じることである。byゴーリキー

早田ひな 伊藤、平野と同じ平成12年生まれ 東京五輪を目指す世代 選手名鑑

伊藤、平野がダブルスで旋風を起こしたり、伊藤がリオ五輪代表になるなど、若くして活躍している世代が、東京五輪で20歳になる選手たちです。そんな東京五輪世代の1人で、2016年になって頭角を現してきているのが早田ひなです。このページでは、早田ひなの選手名鑑を掲載しています。

早田ひな

スポンサーリンク

卓球・選手名鑑

福岡県北九州市出身

2000年7月7日生まれ(15歳)

165㎝/左利き

戦型:左シェーク・攻撃

所属:ニッタクの契約選手・アドバイザー

現在は高校1年生

2016年6月時点で、世界ランキングは37位。

i伊藤美誠,平野美宇と同じ平成12年生まれ

1年生、2年生の時に全国中学校大会を連覇した経験を持つ。2年の時の決勝の相手は伊藤美誠。

2014年(13歳9カ月)でチリ・オープン準優勝、ワールドツアーにおける史上最年少の決勝進出という記録だった。

2016年は21歳以下部門のクウェートOPで優勝。さらに、オーストラリアOPで優勝を飾るなど、急成長を遂げるシーズンになっている。

ジャパンOPでは、日本人唯一・ベスト8に進出。

2017年の世界卓球では、女子ダブルスで銅メダルを獲得した。

高速のバックスマッシュなど、スピードボールを大きな武器としており、強気に打ち込むプレースタイル。左右に振られても、あまり体制を崩さない。 最近ではチキータレシーブを練習で磨くなど、レシーブ向上に力を入れている。

1日の練習時間は、8時間にも及ぶ。

ダブルスでは、浜本由惟と組むことが多かった。

早田と同世代の選手には、伊藤美誠(10位)、平野美宇(11位)など、若くして世界上位で活躍している選手が多く、黄金世代と呼ばれることがある。

2014年12月には、15歳以下の世界ランキングで、1位平野、2位伊藤、4位加藤美優、5位早田だった。

日本代表の村上監督は「ここまで能力がある選手がそろった世代はいない」と語っている。

目標は、東京五輪で金メダルを取ること。この年に、20歳になる。

趣味は過去のテレビドラマを見ること。

☆卓球トップページ