バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
駅伝・マラソン、その他
テニス・錦織
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
マラソン・駅伝・その他

早田ひな 伊藤、平野と同じ平成12年生まれ 東京五輪を目指す世代 選手名鑑

卓球女子

伊藤、平野がダブルスで旋風を起こしたり、伊藤がリオ五輪代表になるなど、若くして活躍している世代が、東京五輪で20歳になる選手たちです。そんな東京五輪世代の1人で、頭角を現しているのが早田ひなです。Tリーグでは日本生命レッドエルフに所属しており、リーグを代表する選手になりました。このページでは、早田ひなの選手名鑑を掲載しています。

スポンサーリンク

早田ひな・選手名鑑

福岡県北九州市出身

2000年7月7日生まれ

166㎝/左利き/A型

戦型:左シェーク・攻撃

所属:日本生命レッドエルフ

世界ランキング最高は11位

出身:石田卓球クラブ、希望が丘高校

全日本2020で女子シングルスで伊藤を決勝で破り優勝

伊藤美誠,平野美宇と同じ平成12年生まれ

ラケット/道具

ラケット:劉詩文 ZLF

ラバー/表:キョウヒョウ NEO 3

ラバー/裏:テナジー05

シューズ:ウエーブメダルSP3

プレースタイル

身長、長い手足を活かしたリーチがあり、ダイナミックなパワーを活かしたフォアドライブ、攻撃が魅力。

台上から離れたところから、体を大きく使い、威力あるショットを放つ。チキータも使いこなす。

パワーがありながらも、スピード主流の卓球の流れの中で、貴重な存在だ。

丁寧があこがれる選手であり、練習で指名されたこともある。

サウスポーという事もあり、ダブルスでも活躍している。特に伊藤とはワールドツアーで複数の優勝を重ねており、世界トップレベルの実力を示している。

中国上位選手を苦手としている。日本代表レベルの選手だが、ここを改善していきたい。その他の海外選手には健闘している。

ワールドツアー戦績

2020:4勝2敗(4勝2敗)

2019:84勝17敗(56勝11敗)

2018:37勝23敗(10勝14敗)

2017:44勝15敗(20勝10敗)

※トータル勝敗(シングルス勝敗)

対戦成績(日本対決)

石川佳純:0勝3敗平野美宇:6勝7敗
伊藤美誠:3勝6敗加藤美優:2勝2敗
佐藤瞳:7勝3敗橋本帆乃香:11勝2敗
長崎美柚:2勝0敗

対戦成績(対海外選手)

陳夢:21勝6敗孫穎莎:2勝4敗
劉詩文:1勝7敗王曼昱:0勝3敗
丁寧:1勝7敗朱雨玲:2勝7敗
鄭怡静:4勝2敗馮天薇:1勝1敗
王芸迪:1勝1敗陳幸同:2勝2敗
ポルカノバ:2勝1敗杜凱栞:6勝3敗
田志希:10勝3敗徐孝元:6勝0敗
ハン・イン:2勝0敗ゾルヤ:2勝2敗

経歴・エピソード

1年生、2年生の時に全国中学校大会を連覇した経験を持つ。2年の時の決勝の相手は伊藤美誠。

2014年(13歳9カ月)でチリ・オープン準優勝、ワールドツアーにおける史上最年少の決勝進出という記録だった。

2016年は21歳以下部門のクウェートOPで優勝。さらに、オーストラリアOPで優勝を飾るなど、急成長を遂げるシーズンになっている。

ジャパンOPでは、日本人唯一・ベスト8に進出。

2017年の世界卓球では、女子ダブルスで銅メダルを獲得した。

高速のバックスマッシュなど、スピードボールを大きな武器としており、強気に打ち込むプレースタイル。左右に振られても、あまり体制を崩さない。 最近ではチキータレシーブを練習で磨くなど、レシーブ向上に力を入れている。

1日の練習時間は、8時間にも及ぶ。

ダブルスでは、浜本由惟と組むことが多かった。

早田と同世代の選手には、伊藤美誠(10位)、平野美宇(11位)など、若くして世界上位で活躍している選手が多く、黄金世代と呼ばれることがある。

2014年12月には、15歳以下の世界ランキングで、1位平野、2位伊藤、4位加藤美優、5位早田だった。

日本代表の村上監督は「ここまで能力がある選手がそろった世代はいない」と語っている。

目標は、東京五輪で金メダルを取ること。この年に、20歳になる。

趣味は過去のテレビドラマを見ること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました