テニス
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
駅伝・マラソン
テニス・錦織
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
マラソン・駅伝

加藤美優 平野、伊藤、浜本と並ぶ黄金世代、気鋭の若手プレイヤー 選手名鑑

katomiyu卓球女子

加藤美優

1歳上に浜本由惟、1歳下に平野美宇、伊藤美誠らがおり、加藤美優を含め黄金世代と呼ばれています。 2017年の世界卓球の日本代表にも選ばるなど、日本のトップレベルでプレーする選手です。Tリーグでは、日本ペイントマレッツのエース格として活躍しています。そんな卓球女子選手、加藤美優の選手名鑑、プレースタイル、ラケット、対戦成績、エピソードなどを紹介しております。

スポンサーリンク

卓球・選手名鑑:加藤美優

東京都武蔵野市出身

出身校:稲付中学校、中央高等学院

1999年4月14日生まれ

157㎝/45kg/A型

右利き

最高の世界ランキング:13位

戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型

所属:日本ペイントマレッツ

世界卓球2019でベスト8

アジア団体、日本代表として2度の銀メダル獲得に貢献

ラケット/道具

ラケット:インナーフォース レイヤー ZLC

ラバー/表:テナジー80

ラバー/裏:テナジー80

シューズ:レゾラインTB

ウェア:ポルティエ・シャツ、エレワジュール・シャツ、レカリス・シャツ他

プレースタイル

手首が柔らかく、強力なバックハンドを持つ。攻守において安定したプレーができるオールラウンダー。バックハンドを主に前陣、ラリー戦でプレーするスタイル。

相手が攻勢に出ればうまく受け、相手が守勢に回れば攻撃的に行くなど、試合をうまく展開できる戦術に優れた選手。

サービスが多彩なのも武器。しゃがみこみサーブの使い手で、T2ダイヤモンド・マレーシア2019では、そのサーブを駆使して伊藤美誠、陳夢を破った。

チキータ(サーブレシーブ)にさらに逆回転を加えたオリジナルのレシーブ「ミュータ」は、加藤の代名詞となっている。

ワールドツアー戦績

2020:16勝6敗(16勝6敗)

2019:49勝18敗(46勝17敗)

2018:27勝15敗(27勝15敗)

2017:51勝22敗(35勝18敗)

※トータル勝敗(シングルス勝敗)

対戦成績(日本対決)

石川佳純:0勝4敗平野美宇:2勝1敗
伊藤美誠:1勝6敗早田ひな:2勝2敗
佐藤瞳:3勝3敗橋本帆乃香:4勝1敗
木原美悠:2勝1敗

対戦成績(対海外選手)

陳夢:1勝4敗孫穎莎:0勝3敗
劉詩文:0勝2敗王曼昱:0勝3敗
丁寧:0勝2敗朱雨玲:0勝6敗
鄭怡静:3勝3敗馮天薇:2勝1敗
何卓佳:0勝1敗陳幸同:0勝5敗
ポルカノバ:1勝1敗杜凱栞:4勝7敗
田志希:2勝5敗徐孝元:0勝1敗
ハン・イン:1勝1敗

プロフィール・経歴

父親が卓球選手ということもあり、6歳で競技を始める。

その頃の練習場所は、吉祥寺のガレージだった。

小1の時に全日本(バンビの部)に出場、ベスト8だった。この大会には、後に黄金世代と呼ばれる平野美宇、伊藤美誠、浜本由惟らが出場している。加藤はベスト16で平野、ベスト8で浜本と対戦している。

小5、2012年に出場した全日本卓球でベスト32。これは福原愛以来の小学生記録である。

小学校卒業後、JOCエリートアカデミーに所属。

中学卒業後に、礼武卓球道場に所属。

2014年、全日本ジュニアで平野美宇を破って優勝。中学生での優勝は、5人目の記録である。

2015~2016シーズンのドイツ・ブンデスリーガに参戦。

2016年のリオ五輪では閉会式の映像で加藤が登場している。

2016年の世界ジュニア卓球に出場、日本代表は平野、伊藤、早田の4人。この大会で加藤は団体で金、シングルスで4位(日本女子最高成績・銅メダル)、早田とのダブルスで準優勝。

2016年のワールドツアーでは、U-21部門でハンガリー、ポーランド、オーストラリアで優勝。

2017年の世界卓球(デュッセルドルフ大会)に日本代表として出場する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました