バドミントン・ファイナル 2017山口、田中・米元が優勝
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は準優勝 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第6戦は1/6 20:55~
スポンサーリンク

石川佳純 日本女子卓球界のエース 選手名鑑

現在、日本女子卓球界のエースと呼ばれているのが石川佳純です。福原愛にあこがれていたという石川は、その福原と共に、ロンドン五輪団体銀メダル獲得に貢献。さらに、近年は福原愛の怪我などの不調もあって、名実共に日本女子のエースとなっています。このページでは、石川佳純の選手名鑑と成績について掲載しています。

卓球・選手名鑑

石川 佳純(いしかわ かすみ)

山口県出身 

1993年2月23日生まれ 

左利き 

左シェイク・オールラウンダー 

フォアハンド、サーブが得意で、予測能力も高く、戦況によって柔軟な対応ができる。バックハンドは課題だったが、改善している。 

所属:全農 

両親は共に卓球選手。母親は元国体選手 

小学校1年生の時に近所にあった白石卓球クラブで競技を開始 

7歳の誕生日に両親からユニフォームをプレゼントされると、本格的に卓球に取り組むようになった。 

日本選手権バンビの部で頭角をあらわすと、両親は自宅に卓球場を造った。 

小学校6年生の時に全日本選手権で、高校生や大学生を破る活躍をみせ、「愛ちゃん2世」と呼ばれて注目を集めた。 

2008年の高校1年時に、全国高校総体で優勝した。高校1年での優勝は、57年ぶりの快挙となった。この年はさらに、インターハイ、全日本ジュニア、選抜で優勝して、高校レベルの4大大会を完全制覇した。 

2011年には全日本選手権シングルスで優勝をはたす。 

2012年のロンドン五輪では、日本人初となるシングルス準決勝進出をはたした。また、団体戦では卓球界初となる銀メダル獲得に貢献した。 

2016年のリオ五輪では、団体戦で銅メダルを獲得。石川は団体戦で全勝した。

2017年の世界卓球では、混合ダブルスで金メダルを獲得。吉村真晴とのペアは、東京五輪でのメダルにも期待が高まった。

遠縁の親戚には、総理大臣の竹下登がいる。

芸能人では伊藤英明・倖田來未のファンである。

プレースタイル

左シェーク両面裏ソフトドライブ型 

投げ上げサービスから、両ハンドの速攻ドライブを得意としている。

身体のバランス感覚に優れており、しなやかで伸びのある両ハンドドライブは大きな武器となっている。また、ブロックやカウンター攻撃など、反射神経の良さも石川の長所となっている。

そして、大舞台での勝負度胸の良さも彼女の大きな特徴である。

☆卓球トップページ