吉村真晴 一躍、日本男子のエース候補へ 選手名鑑
スポンサーリンク
今週の格言
今週の格言
才能とは、自分自身を、自分の力を信じることである。byゴーリキー

吉村真晴 一躍、日本男子のエース候補へ 選手名鑑

世界卓球2015の混合ダブルスの準優勝で、一躍脚光を浴びていたのが当時、大学生だった吉村真晴です。当初は、女子のエースである石川佳純に遠慮し、チームプレーやコミュニケーションがうまくいかなかった吉村ですが、徐々にチームが完成して銀メダルを獲得。また、2015年に入ると、個人でも2大会で優勝するなど、一気に才能が開花しました。 

スポンサーリンク

卓球・選手名鑑

吉村 真晴(よしむら まはる)

茨城県東海村出身 

1993年8月3日生まれ 

ドライブ主戦型(右シェーク両面裏ソフトドライブ型)

愛知工業大学所属(主将)

父親が日本人、母親がフィリピン出身 

名前の「真晴(まはる)」はフィリピンのタガログ語で「愛する」を意味する。 

父親が元卓球選手であり、小学生からてほどきを受ける。 

2011年の世界ジュニアでは、中国勢に打ち勝ち、シングルス、ダブルスともに3位に入った。 

さらに、同年、全日本で松平健太、水谷隼を破って、高校生ながら史上2人目の優勝をはたす。

2015年の世界卓球では、石川佳純と混合ダブルスでペアを組み、前回の金メダリストチームを破って、銀メダルを獲得した。

また、2015年のワールドツアーでは、スペインOP、クロアチアOPで2勝を挙げている。

2017年の世界卓球では、石川と組んで混合ダブルスで金メダルを獲得。混合は東京五輪の種目にもなり、金メダル候補となった。

一発の威力に優れ、高い打点でとらえた両ハンドのドライブは、コースが読みづらいため、相手にとって脅威となる。変化サービスからのシュートドライブのフォア、バックドライブなどの攻撃も威力が高い。また、逆モーションプレーヤ意外性のあるプレーを出すなど、型にこだわらない創造的で、野性味あふれるプレーを身上としている。

アップダウンサーブを武器としている。

あこがれの選手は、中国の張継科である。そう考えると、吉村の自由奔放なプレーの理由もわかるのではないだろうか。

卓球トップページ