錦織は1/22ニューポートで復帰
1/18全日本卓球 混合・決勝は森薗・伊藤VS軽部・松本
1/15-全豪OP ドロー発表 1/15-全日本卓球2018 1/16-バドミントン・マレーシア2018 ジャンプ女子・第10戦は1/19 16:55~
スポンサーリンク

ベンヤミン・ベッカー アガシ現役最後の対戦相手 選手名鑑

全米OP2016、錦織が初戦で対戦したのがベンヤミン・ベッカーになります。

様々な異名を持つ選手で、アガシの最後の対戦相手として有名なプレイヤーです。

※2017年9月更新

選手名鑑

ベンヤミン・ベッカー

Benjamin Becker

si.robi

ドイツ出身 

1981年6月16日生まれ 

178㎝/72kg 

右利き・両手打ち 

現在のランキング:260位(最高は35位) 

7歳からテニスを始める。 

大学はアメリカのベイラー大学に所属して、全米チャンピオンになっている。 

プロ転向は遅く、24歳である。 

2006年のウィンブルドンで、初めて4大大会本戦出場をはたす。 

同年の全米OPでは、3回戦でアンドレ・アガシと対戦。テニス史上5人目のキャリアグランドスラムを達成しているアンドレ・アガシを破った。アガシはこの大会後に引退を表明しており、アガシ現役最後の対戦相手として知られるようになる。 

この年はこのように活躍が目立ち、421位から62位まで、ランキングが上昇して、最優秀新人賞を獲得した。 

この後ベッカーは低迷するも、2009年のオーディナ・オープンでは予選から勝ち上がって、ツアー初優勝をはたした。 

ドイツの往年の名選手・ボリス・ベッカー(現在のジョコビッチのコーチ)とイニシャルが同じであることから、「もう一人のB・ベッカー」と呼ばれることがある。

2006年のジャパン・オープンでは、イリ・ノバクとの3回戦で深夜4時近くまで戦った経験を持つ。そのため「最も遅い時間に戦った選手」としても知られるなど、意外な記録に立ち会う縁を持つ選手である。  

パワー攻撃が持ち味だが、アメリカ育ちらしく、対角線をうまく利用するなど、戦術にも優れている。また、強烈なサービスを武器としている。

一方で上位ランカーには弱いという特徴も持つ。

対戦成績は錦織の3勝2敗。

☆テニス選手名鑑 トップページ
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ