スポンサーリンク

芝田沙季 ベルギーOP2017を制してワールドツアー2勝目を飾る!

「このタイトルは私のキャリアにとって本当に重要なものなんです。 以前はチャレンジャー大会で優勝したことがありますが、これは2回目のタイトルになります。

近い将来、メジャー大会で優勝することを願っています。 私の目標は来年のトップ10に入ることです。

私はベルギーが好きです。 来年はタイトルを守るために戻ってこれればと思っています」

優勝した芝田は語りました。

スポンサーリンク



2016年ベラルーシ以来、ベルギーOP2017でさらなるタイトルを獲得した芝田沙季。

加えてU-21の大会では3度の優勝を誇ります。去年はブルガリア、今年は中国とオーストラリアで優勝しています。

YGサーブ、チキータを積極的に使う芝田沙季(ミキハウス・30位)。

後陣からのラリーでも強さを見せるプレイヤーです。

彼女は守備的なプレイヤーを苦にしていないことを大会で証明しました。

ベルギー・オープン2017には芝田の他、佐藤瞳、橋本帆乃香、浜本由惟、小塩遥菜ら5人の日本選手が出場しました。

日本選手の結果

優勝:芝田沙季

4強:佐藤瞳

4強:浜本由惟

8強:橋本帆乃香

初戦敗退:小塩遥菜

…という結果でした。

コンパクト、かつコントロールがあるプレーを見せた第4シードの芝田沙季。
11月4日に行われた決勝戦を制して、見事にベルギー・オープン2017のタイトルを獲得しました。

決勝戦の相手は第6シードのロシア、ポリナ・ミハイロワ(67位)でした。

第1セットは芝田が11-13で落としましたが、その後は11-7,11-4,11-7,11-8と4セットを奪取しました。

2016年のベラルーシで優勝した芝田沙季は、同僚である佐藤瞳を準決勝で破り、最終的に優勝しました。今大会も同様となりました。

スポンサーリンク




守備的な選手はみな違いがあると言われています。

第1セット、芝田はミハイロワのプレーに対応するのに時間がかかり、リードを許してセットを落としました。

ミハイロワはバックスピンよりも、様々なフォアハンドのトップスピンのバリエーションを見せ、芝田を困惑させることに成功しました。

しかし、2セットに入ると、芝田のトップスピンの効いたフォアハンドが決まり、リズムが良くなりました。

こうして流れにのった芝田は3セット連取し、第5セットは6-0と大きくリード。ミハイロワも何とか追いすがりましたが、逆転することはできずに11-8で敗れました。

来年もベルギーに戻ってきたいと語った芝田。
層の厚い日本選手の中にあって、さらなる飛躍のきっかけにしたいところです。

ベルギーOP2017 試合結果

☆卓球トップページ
☆卓球 2017スケジュール

参考・引用:Liking for defensive opponents endorsed, Saki Shibata secure Belgian title

https://www.ittf.com/2017/11/04/liking-defensive-opponents-endorsed-saki-shibata-secure-belgian-title/