錦織 10/22~エルステ・バンク ドロー決定
10/16~バドミントン デンマーク
10/21決勝 桃田、福島・廣田ら
10/18~カーリング LS北見
10/19~卓球男子 W杯2018
10/21プリンセス駅伝2018
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
決勝: デンマーク10/21桃田VS周天成
決勝: デンマーク10/21福島・廣田VS田中・米元
準決勝: デンマーク10/20桃田VSキダムビ
速報: 10/21プリンセス駅伝2018
ドロー: 10/22~エルステ・バンク2018
ドロー: 10/29~パリ・マスターズ2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 10/18~ウーマンズ クラシック2018
LS北見: 10/23~マスターズ2018
卓球: 10/19~男子W杯 丹羽、張本
卓球: 10/29~女子 スウェーデン2018
卓球: 10/29~男子 スウェーデン2018
バドミントン・デンマーク: 10/16~女子シングルス
バドミントン・デンマーク: 10/16~女子ダブルス
バドミントン・デンマーク: 10/16~男子シングルス
バドミントン・フランス: 10/23~女子シングルス
バドミントン・フランス: 10/23~女子ダブルス
バドミントン・フランス: 10/23~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

8/19~女子団体戦 バドミントン・アジア大会2018 試合結果、組み合わせ、テレビ放送 奥原、山口、髙橋・松友、福島・廣田が日本代表

アジア大会2018

女子団体戦・バドミントン

日程:8/19-8/22

場所:インドネシア(ジャカルタ)

時差:-2時間

アジア大会2018は個人種目だけではなく、女子バドミントンは団体戦も行われます。日本代表はベストメンバーで優勝を狙いますが、試合結果、組み合わせ、テレビ放送などについて更新します。

テレビ放送

TBS:ゴールデンタイムに中継

NHK・BS1:録画放送、Liveの場合もあり

NHK総合:平日23:55-ハイライト放送

8/19(日)
19:00-
ベスト16(TBS)
8/20(月)
18:30-
ベスト16(TBS)
8/21(火)
18:30-
準々決勝・準決勝(TBS)
8/22(水)
18:30-
女子・決勝(TBS)
8/22(水)
21:50-
NHK・BS1※水泳の時間あり

※わかり次第更新します。

※TBSは様々な競技を放送

女子シングルス・アジア大会2018

女子ダブルス・アジア大会2018

男子シングルス・アジア大会2018

男子団体・アジア大会2018

試合結果

※48年ぶりの金メダル

決勝:日本3-1中国(8/22 14:00-)

山口 15-21
12-21
陳雨菲
福島
廣田
21-12
21-17
陳清晨
賈一凡
奥原  21-16
19-21
21-15
何冰娇
髙橋
松友
21-16
21-11
ハング
ザン

スポンサーリンク





1陳雨菲(5位)

2陳清晨,賈一凡(3位)

3何冰娇(7位)

4HUANG Dongping(20位),ZHENG Yu(52位)

5ガオ(14位)

準決勝:日本3-1インドネシア(8/21 14:00-)

山口 16-21
21-9
18-21
グレゴリア
福島
廣田
21-13
21-12
ポリイ
ラハユ
奥原  19-21
21-4
21-10
フィトリアニ
髙橋
松友
21-13
21-10
ハリス
PRADIPTA

1G グレゴリア(22位)

2ポリイ,ラハユ(4位)

3フィトリアニ(40位)

4ハリス,PRADIPTA(10位)

5R・HARTAWAN(82位)

準々決勝:日本3-1インド(8/20 11:00-)

※1回戦免除

山口 18-21
19-21
シンドゥ
福島
廣田
21-15
21-6
REDDY
サラ
奥原  21-11
23-25
21-16
ネワル
髙橋
松友
21-13
21-12
ポンナッパ
シンドゥ

1シンドゥ(3位)

2REDDY,サラ(-)

3ネワル(10位)

4ポンナッパ,シンドゥ(-)

5Rao CHUKKA(105位)

女子団体戦・バドミントン・アジア大会2018 組み合わせ

badminton

tpower1978

全組み合わせ

badminton-asian-games-2018-women-team-competition-draw-

badminton-asian-games-2018-women-team-competition-draw-

日本代表(女子団体戦)

シングルス:山口茜(2位)、奥原希望(6位)、大堀彩(45位)、佐藤冴香(17位)

ダブルス:福島由紀・廣田彩花(2位)、髙橋礼華・松友美佐紀(3位)

※( )は7月26日発表の世界ランキング

2014年の結果

中国:優勝(5連覇中、過去10度優勝)

日本:ベスト4(中国に敗退)

日本のメンバー:山口、高橋沙、三谷、髙橋・松友、前田・垣岩

女子シングルス・アジア大会2018

女子ダブルス・アジア大会2018

男子シングルス・アジア大会2018

男子団体・アジア大会2018

バドミントン 2018年度の大会スケジュール

2018バドミントン・日本代表メンバー