錦織は1/22ニューポートで復帰
1/18全日本卓球 混合・決勝は森薗・伊藤VS軽部・松本
1/15-全豪OP ドロー発表 1/15-全日本卓球2018 1/16-バドミントン・マレーシア2018 ジャンプ女子・第10戦は1/19 16:55~
スポンサーリンク

2018年 バドミントン・日本代表メンバー(ナショナルチームA代表/男子・女子)

バドミントン・日本代表メンバー2018

2017年は日本女子バドミントンの飛躍の年となりました。女子シングルスでは山口茜がファイナルズで優勝、リオ銅メダリストの奥原希望世界選手権で優勝しました。一方、女子ダブルスでは福島・廣田ペア、田中・米元ペアが活躍して世界トップペアの仲間入りをしています。リオ金メダリストの髙橋礼華松友美佐紀ペアも加わり、女子ダブルスは非常に層が厚い種目となっています。

2018年の大会スケジュール

女子・日本代表

女子シングルス

badminton2018-japanese-national-member

山口茜

Embed from Getty Images

2017年は世界トップレベルで安定した成績を残し続けた。持ち前のフェイントをまじえた多彩なショットに加え、粘り強さに磨きがかかった。課題だった集中力も改善、中国OP全日本ファイナルズなどで優勝し、実りを手にした一年となった。2018年もエースとしての活躍が注目される。

奥原希望

Embed from Getty Images

2017年は世界バドミントン選手権大会で、日本人としてはじめて女子シングルスを制した。特にリオ金メダルのマリーン、リオ銀メダルのシンドゥらを破っての優勝は価値が大きい。しかし、2017年後半は故障に悩まされた。強靭なメンタルと粘り強さ、高い守備力が特徴。

女子ダブルス

badminton2018-japanese-national-member

髙橋・松友

Embed from Getty Images

リオで金メダルを獲得し、一躍バドミントンの注目度を大きく上げた功労者。2017年は好不調の波が大きいシーズンとなり、日本ペアに敗戦を喫する場面もあった。2020年・東京五輪に向けて試行錯誤が続いている。

福島・廣田

2017年はスーパーシリーズ・マレーシアで初優勝、世界選手権は銀メダル、全日本では高松ペアを破って優勝するなど、飛躍を遂げた福島・廣田ペア。全勝で決勝に勝ち上がったファイナルズでは、田中・米元に敗戦を喫してしまったが、実り多きシーズンとなった。2018年はさらにレベルを上げていくのか大いに注目のペアだ。

スポンサーリンク



男子シングルス

badminton2018-japanese-national-member

男子ダブルス

badminton2018-japanese-national-member

混合ダブルス

badminton2018-japanese-national-member

※WR=2017年12月14日発表の世界ランキング

2018年の大会スケジュール

2017年の日本代表メンバー

2017年 バドミントン・試合結果・スケジュール