錦織 6/17~G・ウェバー欠場
6/12~バドミントン・全日本実業団
6/12~卓球・日本
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 7/1~ウィンブルドン2019
ドロー: 6/17~ゲリー・ウェバー2019
バドミントン 2019日程
陸上 6/27~日本陸上2019
卓球・日本OP・決勝 6/15張本・早田
マラソン・駅伝 2018-2019日程
バドミントン: 6/12~女子・全日本実業団
バドミントン: 6/12~男子・全日本実業団
卓球・女子: 7/2-韓国OP
卓球・男子: 7/2-韓国OP
卓球・女子: 6/12-日本OP
卓球・男子: 6/12-日本OP
平昌五輪: 女子カーリング 結果

奥原希望 バドミントン・シングル初の日本人メダリスト プレースタイルは!? プロフィール&選手名鑑

リオ五輪で、バドミントン、日本人初・シングルスでメダルを獲得したのが奥原希望です。 小柄ながら、抜群のスタミナを活かした粘り強い守備力で、世界のトッププレイヤーの1人として活躍しています。

奥原希望(おくはら のぞみ)

選手名鑑

長野県出身

156㎝/

1995年3月13日生まれ(21歳)

所属:日本ユニシス

最高の世界ランキング:3位

プレースタイル

バドミントン女子のトッププレイヤーは170㎝を超える選手が多いが、奥原は156㎝である。 それでも、トップレベルで戦える優れた長所を持つ。

対戦相手に対する分析、戦術に優れる。

抜群のスタミナを武器に、粘り強いフットワーク、守備力から相手の消耗を誘い得点を得るプレイヤー。

柔軟性にも優れ、反射神経にも長けるため、ロングラリーで粘り強く拾うことができる。

ルーティーンを大切にする奥原だが、リオ五輪では試合前の「お辞儀」が話題になった。

プロフィール

小学2年時に家族の影響から、バドミントンを開始する。

中学3年生では、全日本ジュニアで2位になるなど、早くから実績があった。

高校1年時には、全日本ジュニア優勝、全日本総合でベスト16。

高校2年時には、全日本ジュニア2連覇、インターハイ優勝、全日本総合選手権の決勝で相手が棄権、16歳8ヶ月で全日本総合を制した。これは史上最年少記録である。これらの活躍により、日本代表にも選出された。

翌年2012年には、世界ジュニア・シングルスで山口茜を破って優勝。

2013年には左ひざを手術した。

2015年にはヨネックス・オープン・ジャパンを制し、スーパーシリーズ初優勝。 同年、スーパーシリーズファイナルズでは、準決勝でカロリーナ・マリン(世界選手権2連覇)、決勝で王儀涵(ロンドン銀メダリスト)を破って、日本人初優勝を達成。

2016年には、全英オープンで初優勝、1977年の湯木博恵いらい、久々の日本人の優勝を達成した。

同年、リオ五輪・シングルスで銅メダルを獲得。日本のバドミントン・シングルス史上初のメダリストである。また、長野県出身者としては、夏季五輪・個人種目初のメダリストとなった。 なお、準々決勝では選手村で同部屋だった山口茜を破っている。

2017年の世界選手権では、金メダルを獲得した。