錦織 9/17-モーゼルOP2018 ドロー決定
9/18~バドミントン 中国OP
9/27~カーリング クラシック LS北見
9/28~卓球女子 W杯2018
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 9/17~モーゼルOP2018
ドロー: 10/1~楽天ジャパンOP2018
バドミントン 2018スケジュール
マラソン・駅伝 2018-2019スケジュール
LS北見: 9/28~カーリング クラシック2018
卓球: 9/28~女子W杯 石川、平野
バドミントン・中国OP: 9/18~女子シングルス
バドミントン・中国OP: 9/18~女子ダブルス
バドミントン・中国OP: 9/18~男子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子ダブルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報5/26ユーバー杯2018 決勝 日本VSタイ(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018)

ユーバー杯2018(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018)・決勝

テレビ放送:BS朝日

試合日時:5/26(土)15:00-

日本3-0タイ

山口2-0インタノン(4位)
21-15,21-19
福島・廣田2-0ジョンコパン組
21-18,21-12
奥原2-0ジンタポル(11位)
21-12,21-9
松友・高橋-ラウィンダ組
行われず
髙橋沙-ブサナン(22位)
行われず

女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

速報

2年に一度の国別対抗戦、ユーバー杯2018で37年ぶりの優勝に王手をかけた日本女子。準々決勝では台湾に、準決勝では韓国に勝利しました。優勝をかけてタイ代表と対戦、試合を随時速報していきます。

1山口2-0インタノン(4位)

山口 21-15
21-19
インタノン

メモ:エース対決となる第1試合、試合を占う一戦。日本は20歳の山口。タイのインタノンは世界ランク1位を経験している強豪選手、タイでは英雄と呼ばれている。多彩なショットを使う。日本にとっては完全アウェーでの試合。

第1セット、終盤まで接戦でゲームが進んだが…勝負所で山口の攻撃がさえた。

第2セット、山口が11-8と先に11点に到達、相手の体に向かうショットが有効。しかし、インタノンが4連続ポイントなどで同点。終盤までもつれたが、最後まで山口が自分のプレーを見せた。

2福島・廣田2-0ジョンコパン・Puttita

福島
廣田
21-18
21-12
ジョン
プティタ

メモ:タイのプティタは183㎝と高身長の選手。福島・廣田はダブルスのエース格として登場。ラリーに持ち込んで粘り強くプレーするのが持ち味で、両者とも攻撃力も高い。

第1セット、序盤から早いタイミングで積極的に攻撃にくるタイ・ペア。日本は後手に回り序盤に5点差をつけられてしまう…。連続攻撃に対するディフェンスがうまくいかない、硬さも見られてミスが目立つ。しかし、中盤には福島・廣田が良い展開で攻撃できるようになって終盤に追いつく。ランクの低いプティタに終盤でプレッシャーがかかった印象。

第2セット、福島・廣田がロングラリーで粘り強い守備を見せるなどペースを握ってリードを広げる。完全に主導権を握って勝利。

スポンサーリンク




3奥原2-0ジンダポル(11位)

奥原 21-12
21-9
ジンダポル

メモ:奥原は今大会、全試合に出場している。強靭なスタミナとメンタルが持ち味。

ジンダポルは163㎝、27歳。

第1セットは、出だしから得意のラリーに持ち込んで奥原がリードを広げる。ペースを握った奥原が圧倒した。

第2セットも奥原がラリーで揺さぶると、相手の足が止まっていく…主導権を握った奥原は隙を与えず、大差を広げる。相手は成す術がなく、失点を重ねた。最後は相手にミスで37年ぶりの世界一。

4松友・高橋0-0ラウィンダ・Supissara

0-0
0-0

メモ

5髙橋沙0-0ブサナン(22位)

 

メモ:バドミントン
女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

バドミントン 2018年度の大会スケジュール

2018バドミントン・日本代表メンバー