錦織 11/11~ファイナルズ ドロー決定
11/14~バドミントン 香港
12/5~カーリング LS北見
11/6~卓球 オーストリア
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
バドミントン: 11/11 決勝 桃田VS周天成
速報: 11/25クイーンズ駅伝2018
速報: 10/21プリンセス駅伝2018
ドロー: 11/11~テニス・ファイナル2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 11/3~パシフィックアジア
LS北見: 12/5~W杯
卓球: 11/6~女子 オーストリア2018
卓球: 11/6~男子 オーストリア2018
バドミントン・香港: 11/13~女子シングルス
バドミントン・香港: 11/13~女子ダブルス
バドミントン・香港: 11/13~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

SC軽井沢 チーム名鑑 両角友佑、山口剛史、清水徹郎、両角公佑(男子カーリング)

SC軽井沢 チーム名鑑

日本国内ではトップチームとして強さを見せるSC軽井沢。過去の世界選手権でも5位に入るなど、実力を持ったチームです。そして、2016年は、世界選手権で初の4強に進むなど、世界の中のトップチームとして確かな成長を見せています!

男子カーリング

メンバー

両角友佑(スキップ)

山口剛史(セカンド)

清水徹郎(サード)

両角公佑(リード)

歴史(historiy)

日本代表のSC軽井沢は1999年に「AXE(アックス)」として、両角友佑が中心に設立したのが始まり。

2007年に現在の4人のメンバーとなった。

メンバーは両角友佑(スキップ・フォース)、山口剛史(サード)、清水徹郎(セカンド)、両角公佑(リード)で構成されている。

※2016年は山口がセカンド、清水がサードに変更。

※清水の妹も中部電力でサードを務めている。

コーチはカーリング歴30年を超す長岡はと美。

日本国内での実績、実力は頭一つ抜けている。

実力はあるものの、資金力に乏しかったが、国内企業の支援を受けるなど、平昌五輪に向けて、状況が好転している。

スポーツコミュニティー軽井沢クラブに属しており、本拠地は軽井沢アイスパーク(国内最大)である。

また、ここではカーリングを体験することもできる。

目標は平昌五輪出場&メダル獲得  

2009年

日本カーリング選手権大会で優勝(3連覇)。

世界男子カーリング選手権に初出場、10位。

2013年

世界男子カーリング選手権で11位。

ソチ五輪・世界最終予選では敗退。

2014年

世界男子カーリング選手権で5位。

2015年

日本カーリング選手権大会で優勝(3連覇)。

世界男子カーリング選手権で6位。

2016年

世界男子カーリング選手権で、日本男子最高の4位。

2017年

日本カーリング選手権を5連覇。世界男子カーリング選手権で7位になり、平昌五輪の切符を獲得した。

☆カーリング トップページ