ロジャー・フェデラー…自らに罵声を浴びせて、試合をしていた若かりし頃の言葉などを紹介

ロジャー・フェデラー……4大大会最多の19回の優勝を成し遂げ、史上最高のテニスプレイヤーと言われています。スポーツのアカデミー賞と言われるローレウス世界スポーツ賞を4年連続で受賞するなど、テニスの垣根を超えて世界中で評価されるスポーツアスリートです。 特にナダルとのライバルストーリーはアメリカでも注目を集め、人気選手となりました。それは、アメリカ人以外で初めてアメリカで人気になった選手と言われるほどでした。そんなフェデラーのいくつかの言葉に注目していきます。

フジ ロイ ミキ カーリング日本代表コーチ 

現在、北海道の札幌にある月寒体育館では、カーリング女子世界選手権が繰り広げられています。日本代表も、スウェーデン、スコットランドなどソチ五輪のメダリストチームに勝利するなど、善戦を見せてくれています。そんな日本代表が試合中にタイムアウトをした時にアドバイスをおくっている穏やか人物がいます。フジ ロイ ミキコーチです。今回はあまり情報がないのですが、できる範囲でフジ ロイ ミキコーチを調べています。

約5分でわかるカーリングのルール カーリングを楽しもう!

北海道銀行フォルティウスを率いる小笠原選手は「日本にカーリングを根付かせたい」と語っています。オリンピックに登場した当初は、スポーツか否か、などと否定的な意見もありました。しかし、何はともあれ、実際に目で見て判断するのが一番だと思います。そこで、今回はカーリングのルールを調べました。

両親が語る錦織圭の小学生時代「子供の一年は、大人の10年の価値がある」

今では世界に名をとどろかすプレイヤーとなった錦織圭。 しかし、子供の頃は病弱で、叱られれば萎縮し、怯える子供でした。 そんな錦織圭に対し、両親はどのような思いで接し、育てていったのでしょうか? 松岡修造との出会いも含め、幼少期~小学生時代を追いました。 「圭」という名前は、外国人も発音しやすい、外国でも受け入れやすい名前にしたいという思いで付けられています。狭い価値観ではなく、大きな世界へ羽ばたいてほしいという考えからでした(そして、その両親の思いは、その通りになったのです)

5分でわかるテニスの歴史とルール

錦織選手の活躍もあり、テニスファンではない方たちも、観戦して楽しむ方も増えてきています。 ただ、ルールがわからないという声もちらほら聞こえてきます。 ですので、一緒に勉強していきましょう(#^.^#) 歴史 1つの球を打ちあうという形式は、紀元前にまでさかのぼります。 古代エジプトで宗教的儀式として行われていたようです。 8世紀になるとフランスで今のテニスの祖先とあたる『スール』(ケルト語で太陽の意)が生まれています。 その後、フランス貴族の中では、『ジュド・ポーム』(てのひらの遊戯)と呼ばれる遊戯が定着しました。 なお、宗教的行為として行っていたイスラム教徒の模倣をフランスの僧侶がはじめて、盛んになったということです。そのため、コートは僧院にありました。この頃は、ラケットまたは手のひらで布製のボールを打っていました。