錦織 3/20~マイアミ・テニス
4/2~バドミントン マレーシア
3/16~世界女子カーリング
3/26~卓球カタール
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 3/7~BNPパリバOP2019
ドロー: 3/20~マイアミOP2019
バドミントン 2019日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
カーリング: 3/17決勝 藤澤VS鈴木
カーリング: 3/12~日本ミックス
カーリング女子: 3/16~世界選手権
カーリング:
バドミントン: 3/10決勝:桃田VSアクセル
バドミントン: 3/10決勝:松本・永原
卓球女子: 3/26~カタール
卓球男子: 3/26~カタール
バドミントン マレーシア: 4/2~男子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~女子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

ニコラ・マユ ダブルス・最高ランキング1位 イズナーとの11時間のマラソンマッチで有名に…選手名鑑

全米OP2016の3回戦で、錦織と対戦したプレイヤーがニコラ・マユです。 イズナーとの3日間、11時間に及ぶ壮絶なマラソンマッチを繰り広げた選手としても有名です。 また、ダブルスでは、四大大会の優勝も経験しているプレイヤーです。

※2017年9月更新

選手名鑑

ニコラ・マユ

nicolas mahut

Steven Pisano

国籍:フランス

190cm/80kg

1982年1月21日生まれ

右利き/片手打ち

プロ転向:2000年

現在のランキング:115位(最高は37位)・ダブルスの最高は1位

今季成績:11勝17敗

サーブ&ボレーヤーで、ダブルスを得意としている。

得意なサーフェス(コート)はで、高速系のサーフェスが得意。逆にクレーなどは苦手である。

四大大会では、シングルスの最高成績は3回戦進出だが、ダブルスでは好成績をおさめている。

ダブルスの最高成績は、全豪、全仏で準優勝、ウィンブルドン(2016年)、全米(2015年)で優勝である。

子供の頃はサンプラスにあこがれていた。

15歳から18歳までフランスで1位であり、ジュニアから活躍していた選手。

シングルスの4回の優勝はすべて芝である。

2016年はフェレール、B・トミックなどを、シングルスで破っている。

錦織と全米OP2016の3回戦で初対戦だったが、マユが試合に敗れた。

エピソード:イズナーとのマラソンマッチの顛末

2010年のウィンブルドン・1回戦でアメリカのイズナーと、11時間5分(3日間)に及ぶ、980ポイントを奪い合う激闘を繰り広げた。 この時は、6-4、3-6、6-7、7-6、70-68でイズナーが勝利。

最長時間以外にも、1試合のエース数「113本」、ウィナー数「246本」など、様々な記録を更新したため、壮絶なマラソンマッチとして有名になった。

なお、当時のランキングはイズナーが19位、マユが148位だった。

また、イズナーはこの試合のことをほとんど語ろうとしない一方で、マユは本まで出版している。

グランドスラム優勝を目指すイズナーは、キャリアにおける最高のハイライトであることを拒絶するためである。

対してマユは、「(この時の試合を)苦しい時には思い出す」ようにしていると語るなど、饒舌である。マユはこれ以上のインパクトを残すには優勝しかないことをわかっているのだ。そして、それは極めて困難であると…。

しかし、ダブルスで輝きを見せたマユは、2度もグランドスラムを制した。

イズナーはといえば、記念に贈呈されたグラスを母にあげてしまい、当時に身に付けていたウェアなどすべて、チャリティーに提供した。それほどまでに、あの試合のことを、ただの通過点にしたいと考えているのかもしれない。

そんな両者ではあるが、あの試合後には頻繁にメールを交換する仲になったということだ。

☆テニス選手名鑑 トップページ
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ