テニス
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
駅伝・マラソン
テニス・錦織
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
マラソン・駅伝

速報 卓球女子ITTFファイナルズ2020 伊藤美誠(女子シングルス)

tabletennis卓球女子

速報 卓球女子ITTFファイナルズ2020 伊藤美誠

1回戦:伊藤4-1杜凱栞

準々決勝:伊藤4-3王芸迪

準決勝:伊藤0-4王曼昱

試合日時
1回戦:11/20 11:50-

準々決勝:11/20 20:50-

準決勝:11/21 16:40-

11月19日に開幕するITTFファイナルズ2020女子。第2シードで出場するのが、世界ランク2位、伊藤美誠になります。直近のワールドカップでは銅メダルを獲得するなど、存在感を示しています。ITTFファイナルズ1回戦の対戦相手は香港の杜凱栞(15位)、準々決勝は中国の王芸迪(12位)、準決勝は中国の王曼昱(5位)になります。

卓球女子ITTFファイナルズ2020 試合結果、組み合わせ

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 試合結果、組み合わせ

スポンサーリンク

速報(準々決勝:伊藤VS王曼昱)

1:伊藤3-11王曼昱

2:伊藤4-11王曼昱

3:伊藤9-11王曼昱

4:伊藤6-11王曼昱

-スタッツ-

伊藤  王曼昱
22総得点44
最大リード
12サーブからの得点23
21サーブからの失点10
10相手サーブからの得点21
23相手サーブからの失点12
最大の連続得点

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の5勝13敗。

メモ:6名参加の日本勢で唯一ベスト4、大会3日目に進んだ伊藤美誠。前の試合が伸びており、17:00頃からになりそうです。前の試合が終わり選手入場。

伊藤美誠:2位、日本最高位の世界ランクに位置し、日本のエースと呼べる存在。独特の構えから入る多種多様なサーブを持ち相手を困惑させる。レシーブでもチキータなどで先手を取る攻めの姿勢が特徴。ミート打法は鋭く速い、強烈なカウンター攻撃ができる。アグレッシブで終盤も勝負強い選手。緩急、球質、回転、コースを使い分ける高い技術が持ち味。

王曼昱:5位、中国、21歳、右シェーク攻撃型。170cm後半の身長を活かしたリーチの長さで、広い守備範囲を誇る。隙あらばカウンター、パワードライブを狙ってくるが、特にバックハンドが強力。弱点はメンタルやミドルにあるといわれることもある。シングルスではツアー10度の対戦があるが、伊藤は2勝8敗と苦手な相手。
直近の対戦は2019年10月のスウェーデン準々決勝で、伊藤が11 – 8、4 – 11、11 – 9、11 – 6、11 – 4で勝利。

ファンコメント:王曼昱は次期エースといわれる強い相手だが、勝ってほしい。出だしは伊藤のバック精度が良くなかった。中国選手は伊藤に対してバックサイドにボール集めるのが基本戦術になっている感じだね…1,2ゲームは一方的になってしまった…。伊藤はバックへのロングサーブにてこずってるね。 王曼昱はカバー範囲も広いし、守りも固いな…バックの精度が上がらない伊藤は苦しいね。ダブルスコアで負けてしまった…。

1:出だしから王曼昱が快調に飛ばし、大きくリード。伊藤はミスも目立ち主導権を握れず。淡白に落としてしまった。

2:気合が入った王曼昱は集中してミスも少ない。フットワークとリーチを生かし、フォア、バックでも速くキレのあるドライブを打ち込みラリーで主導権を握った。

3:王曼昱の一方的な流れを止めたい伊藤。4-5とされ伊藤がタイムアウト。自分から仕掛けるショットの精度がまだ上がってこない。いつものようにサーブでもそれほど主導権を握れず苦しんでいるが、粘りのプレーで9-10と迫る。王曼昱がタイムアウト後のプレーで得点。

4:王曼昱の守備が強固で、バックのラリーになると伊藤がミスを引き出されてしまう。王曼昱が動きも良く、キレがあり集中して目立つミスがほとんどない。一方の伊藤は体も重そうで調子も良くなかった印象。

速報(準々決勝:伊藤VS王芸迪)

1:伊藤6-11王芸迪

2:伊藤11-8王芸迪

3:伊藤11-13王芸迪

4:伊藤11-4王芸迪

5:伊藤11-7王芸迪

6:伊藤7-11王芸迪

7:伊藤11-5王芸迪

-スタッツ-

伊藤  王芸迪
68総得点59
最大リード
29サーブからの得点24
35サーブからの失点39
39相手サーブからの得点35
24相手サーブからの失点29
最大の連続得点

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の2勝4敗。

メモ:4名参加の日本女子で唯一ベスト8に伊藤は進んでいます。伊藤にとっては王芸迪は分が良くありません。直近の2019・香港決勝では3-11,7-11,5-11,6-11と完敗でした。前の試合が終わり選手が入場します。

王芸迪(ワンイーディー、オウゲイテキ):中国、12位、23歳。右シェークドライブ型。181㎝の長身で、フィジカルが強く筋肉質。その体格を生かしたパワフルな両ハンドドライブが強力。伊藤との対戦、ツアーシングルスにしぼると、伊藤は1勝3敗だ。そのうち、フルセットの試合が2試合もあり、競った展開も予想される。

ファンコメント:今大会も中国勢が強い…今残っているほかの国の選手は伊藤だけ…。伊藤は王芸迪が苦手だよね…。王芸迪は徹底して伊藤のバックサイドを狙っている。王芸迪 はバックサイドへのロングサーブからラリーに持ち込む戦術が多い。伊藤はフォアスマッシュが入り、バックラリーでミスも減ってペースをつかんでいる。伊藤がリードして会場が静かになってる…。中国勢はフルセットになるとすごい強いけどどうなる…伊藤のチキータが効果的に決まっていたすごい試合で鳥肌立った、伊藤の試合は面白い!

1:王芸迪のショットにパワーがあり、伊藤は0-5と苦しいスタート。その後もリードされて王芸迪がとった。ラリーになると伊藤は厳しく、サーブもそれほど効いていなかった。

2:サーブが決まり出し、伊藤がリズムよく得点して5-1とリード。その後はネットアウトが増えて迫られるが、最後はテンポの速いラリーを制して伊藤が会場をわかせた。

3:伊藤は攻めたショットの精度がまだよくない。ラリーでは王芸迪のペースが多く、リードを許した。 王芸迪がバックに集めつつ、ストレートでエースを決める場面が目立った。8-10と伊藤が粘ったところで王芸迪がタイムアウト。 最後はバックのラリー戦で王芸迪が得点。

4:ミスが少なかった王芸迪だが、このゲームは集中力が落ちたのかミスが増えている。伊藤が10-1と一方的に進めた。

5:伊藤がアジャストして、バックのラリーから回り込みフォアを見せるなど、次々と鋭いカウンターをミートで決めて7-0とリード。ラリーでも打ち負けなくなった。大きくリードされた王芸迪が開き直り強打で攻めて猛追。10-7で伊藤がタイムアウトを取り嫌な流れを止めた。

6:王芸迪が再び盛り返し、パワードライブのラリーを左右に振り回してものにした。

7:アグレッシブな伊藤が7-0と大きくリード。王芸迪は最終ゲームやや硬くなり、思い切りの良さがなくなった印象。

速報(1回戦:伊藤VS杜凱栞)

伊藤  杜凱栞
52総得点39
最大リード
26サーブからの得点19
20サーブからの失点26
26相手サーブからの得点20
19相手サーブからの失点26
最大の連続得点

1:伊藤13-11杜凱栞

2:伊藤6-11杜凱栞

3:伊藤11-6杜凱栞

4:伊藤11-5杜凱栞

5:伊藤11-6杜凱栞

6:伊藤0-0杜凱栞

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は7勝7敗。

メモ:選手入場。試合開始。ここまで4人の日本勢が敗退、残りは伊藤と丹羽のみです。

杜凱栞(ドゥ・ホイカン):香港、15位、ツアー対戦で劉詩文(中国)と3勝3敗という対戦成績が示す通りの実力者。伊藤とも実力は拮抗している。YGサーブ使いで、フィジカルも強い。緩急や前後、レシーブではチキータをうまく使い相手のミスを巧みに引き出してくる。またブロックなどバックがうまく、ラリーでミスが少ない試合巧者だ。

ファンコメント:中国勢だけの4強に割ってほしい。伊藤は午前の試合が苦手だけどどうでるか…。杜凱栞はバランス良い選手だよね。 一回戦からレベル高い…。まだ伊藤は相手のタイミングに合ってないな…。杜凱栞は伊藤のミス待ちできてるか…。伊藤のサーブ、3球目攻撃が安定して決まり出した!フォアが冴えてる。相手が反応できない伊藤のミートのスピードは素晴らしい。伊藤は相手のバックサイドに集める場面が多いね。伊藤の試合は見てて楽しい。

1:立ち上がりが悪く伊藤が3-6と離される。しかし、伊藤が得意のサーブ、さらに3球目攻撃も決めて7-7と追いつく。終盤ミスが続き伊藤が10-11とピンチ。それでも、強気のレシーブ強打から流れを引き寄せた。

2:1ゲームに続き4-7と杜凱栞にリードを許す。打ちに行くショットのロングが目立ち、さらにサーブにミスが目立つ伊藤。

3:杜凱栞のラリーにも対応できるようになってきて伊藤が7-4。その後も伊藤が集中したプレーを続けた。

4:伊藤がサーブ、3球目攻撃、強烈なフォアスマッシュなどでたたみかけ猛攻。レシーブに回っても杜凱栞のサーブに対応して圧倒。その後、10点からミスが続いてタイムアウト。11点目を見事な3球目攻撃で決めた。

5:伊藤が5-3として、杜凱栞がタイムアウト。杜凱栞が吹っ切れたようにラリー戦で良い動きを見せる。しかし、伊藤が緩急を使っていなしたかと思えば、強烈なミートで次々とカウンターを決めて相手にペースをわたさなかった。

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 試合結果、組み合わせ

卓球女子ITTFファイナルズ2020 試合結果、組み合わせ

卓球 2020年度の大会スケジュール・日程

コメント

タイトルとURLをコピーしました