バドミントン・ファイナル 12/17決勝-山口茜18:50頃、福島・廣田VS田中・米元20:30頃
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は決勝17:00 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第5戦は12/17 23:30 ~
スポンサーリンク

卓球女子 中国代表の主力選手(丁寧、劉詩ブン、朱雨玲、陳夢など)、福原、石川、平野、伊藤、早田、加藤ら日本代表との対戦成績

2016年の世界卓球、リオ五輪のシングルス・団体戦で、日本の前に立ちはだかった中国代表。しかし、2017年のアジア選手権では平野美宇が、丁寧、朱雨玲、陳夢と中国のトップ選手に3連勝して優勝するなど、力をつけています。2017年の世界卓球でも注目となる日本勢VS中国勢、このページでは対戦成績を掲載しています!

※2017年5月更新(対戦成績は国際大会のもの)

☆選手名鑑:石川佳純 福原愛 伊藤美誠 平野美宇 早田ひな 加藤美優

日本選手VS中国選手 卓球女子 対戦成績

中国のトップ選手

※左から丁寧、李暁霞、劉詩ブン

1位:丁寧

2位:劉詩ブン

3位:朱雨玲

5位:陳夢

12位:武楊

-位:李暁霞

-位:木子

VS丁寧(1位)

主なタイトル:2011年、2015年の世界卓球・優勝、ロンドン五輪・銀メダル、2015年グランド・ファイナル優勝、2016年リオ五輪・金メダルなど。

世界卓球など大きな舞台で勝負強さを発揮する選手。女子選手離れしたフィジカルの強さを活かし、ラリーには絶対的な自信を持っている。

福原愛:1勝6敗

石川佳純:0勝10敗

伊藤美誠:1勝6敗

平野美宇:1勝5敗

早田ひな:0勝2敗

加藤美優:0勝0敗

劉詩ブン(2位)

主なタイトル:2011年、2012年のグランドファイナル優勝。2013年、2015年の世界卓球・準優勝など。

世界ランキング1位に君臨していたトップ選手。福原愛とは中国リーグでチームメイトだったこともある。前陣での非常に速いピッチからの両ハンド連打を武器としている。2015年には、丁寧を抜いて、ランキングトップとなっている。

福原愛:1勝9敗

石川佳純:0勝7敗

伊藤美誠:0勝1敗

平野美宇:0勝3敗

早田ひな:0勝0敗

加藤美優:0勝0敗

朱雨玲(3位)

主なタイトル:2015年のグランドファイナル3位など。

中国選手としては小柄ながらも、運動神経の高さを活かしたプレーが強み。ラリーでは左右に振られても粘り強く返球し、要所で強打を放つことができる。

2015年は頭角を現し、劉詩ブン、丁寧の2強争いに食い込む活躍を見せている。若手ナンバー1。

福原愛:0勝3敗

石川佳純:2勝8敗

伊藤美誠:0勝2敗

平野美宇:1勝1敗

早田ひな:0勝1敗

加藤美優:0勝0敗

李暁霞(-)

福原愛:1勝10敗

石川佳純:0勝10敗

伊藤美誠:0勝2敗

平野美宇:0勝2敗

早田ひな:0勝0敗

加藤美優:0勝0敗

陳夢(5位)

福原愛:0勝3敗

石川佳純:0勝4敗

伊藤美誠:0勝1敗

平野美宇:1勝2敗

早田ひな:0勝0敗

加藤美優:0勝2敗

☆卓球トップページ