テニス
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
駅伝・マラソン
テニス・錦織
卓球
女子:11/19-ファイナル
男子:11/19-ファイナル
ITTF finals:速報:伊藤
ITTF finals:速報:石川
ITTF finals:速報:加藤
ITTF finals:速報:佐藤
ITTF finals:速報:張本
ITTF finals:速報:丹羽
男女:11/25-WTTマカオ
女子:11/8-W杯
男子:11/13-W杯
バドミントン
カーリング・ジャンプ女子
マラソン・駅伝

速報 卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 伊藤美誠(女子シングルス)

tabletennis卓球女子

速報 卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 伊藤美誠

1回戦:伊藤4-1田志希

準々決勝:伊藤4-1陳思羽

準決勝:伊藤2-4孫穎莎

3位決定戦:伊藤4-0ハン・イン

試合日時
1回戦:11/9(月)12:00-
準々決勝:11/9(月)19:30-
準決勝:11/10(火)14:00-
3位決定戦:11/10(火)20:00-

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020より、久々に卓球の国際大会が再開されます。世界2位、第2シードでのぞむ伊藤美誠。このページでは、卓球女子W杯・伊藤美誠の試合を随時、速報でお伝えしていきます。1回戦の対戦相手は韓国のエース田志希(16位、チョン・ジヒ)、準々決勝は台湾の陳思羽(26位、チェン・ズーユ)、準決勝は中国の孫穎莎(3位、スンイーシャ)、3位決定戦はドイツのハン・イン(25位)になります。

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 試合結果、組み合わせ

卓球 2020年度の大会スケジュール・日程

スポンサーリンク

速報(3位決定戦)

1:伊藤11-2ハン・イン

2:伊藤11-7ハン・イン

3:伊藤11-9ハン・イン

4:伊藤11-4ハン・イン

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の6勝1敗。

メモ:選手入場、伊藤が相性の良いカットマン相手にどのようなプレーを見せるでしょうか!?

伊藤美誠2位、日本最高位の世界ランクに位置し、日本のエースに成長。多彩なサーブの持ち主。強気でアグレッシブなプレーで中国選手をも警戒させるプレイヤー。特に速いフォアスマッシュは強力。終盤の勝負強さ、相手にペースを渡さない試合運びも光る。日本随一のカット打ちを得意とする選手。準決勝ではバックサイドのロングサーブを狙われた。

ハン・イン:ドイツ、25位、37歳、右シェーク・カット型、Tリーグ参戦。伊藤に1勝6敗、石川に1勝2敗、平野に5勝1敗。リオ五輪では福原を破り、団体銀メダル。安定感があり、ミスが少ない守備型のカットマン。鋭いツッツキ、カットが持ち味。

伊藤コメント「準決勝で負けてしまったが、早く切り替えて自分らしいプレーができた。」

ファンコメント: 伊藤はスマッシュ、サーブだけでなく、ツッツキやストップも長けてる。伊藤のカットうちはうますぎる…。ハンインはフルセット、陳夢と戦ってて疲労もあるか…。最後はチキータ、さらにフォアスマッシュで決めた!

1:伊藤が得意のカットマンに対し5-1で入る…ハンインがカットで粘る展開を作らせず。

2:伊藤が4-1とリード。ハンインの思うとおりにプレーさせず、伊藤が巧みに攻めた。

3:自分の形を作れないハンインは、先に仕掛ける場面もあるが…ハンインがだいぶ慣れてきて接戦になった。しかし、伊藤が競り勝った。

4:伊藤の勢い止められず、ハンインが思わずタイムアウト。サーブだけでなく、レシーブでも伊藤が強力な攻め。3球目攻撃も決まり8連続ポイント。最後まで伊藤が緩めず、怒涛の攻めで勝利。

速報(準決勝)

1:伊藤10-12孫穎莎

2:伊藤8-11孫穎莎

3:伊藤6-11孫穎莎

4:伊藤12-10孫穎莎

5:伊藤11-4孫穎莎

6:伊藤4-11孫穎莎

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の5勝9敗。

メモ:両選手がウォームアップに入ります。伊藤は表情を崩さず、 孫穎莎は準備の時に笑顔でリラックスした表情です。

孫穎莎(スンイーシャ):3位、19歳、右シェークドライブ型。軽快なフットワーク、ピッチの早い強力なドライブ攻撃が特徴の中国次代を担うエース。打点も速く、エースを量産するスピード感あるプレーをしてくる。準々決勝はその回転量にもてこずり、石川が完敗している。

ファンコメント: 同世代、ライバル対決だね。伊藤のオーラは勝てる気がしない中国選手と同じ雰囲気。サーブミス減らすのがカギか…。伊藤の独特のサーブモーションはミマダンスと一部呼ばれているらしい。ミドルは効いてる。孫穎莎も良く声出して、気合が入っている。孫穎莎はとにかくミスが少ないうえ、重要な要所をとるから試合巧者だよね。伊藤とそこまで差はないように感じるけど離されてしまう…一方伊藤は攻撃的な戦術だし、浮き沈みがあるから孫穎莎は伊藤のバックサイドへロングで狙ってるね。入れに行けば強烈なドライブでカウンター、プッシュはミスも出るから…。3ゲームまで伊藤はリードする展開が作れなった。 不甲斐ないプレーに伊藤が奮起した印象

1:序盤は伊藤のサーブが効いて孫穎莎はレシーブミスが目立つ。ラリーになると孫穎莎 の鋭く速いショットが左右広角に深く決まり、圧力がかかる。5-5で折り返し。その後は伊藤も粘ったが、孫穎莎がリードする展開で6-10。しかし、伊藤がバックラリーで打ち勝つなど10-10にした。デュースになると孫穎莎が伊藤のサーブをやぶるなど連続ポイント。

2:序盤5-5。伊藤はうまくコースをついて孫穎莎にラリーさせず。サーブ、3球目攻撃も効いていて伊藤はしっかり戦えている。 しかし、最後はバックミスで孫穎莎が上回る。

3:伊藤にミスが連続してリズムを崩し、1-4とされてタイムアウト。その後も流れが相手に行き、孫穎莎がたたみかけた。

4:伊藤にもところどころ良いプレーも出ているが、 孫穎莎にミスがないので点差がつかず。 伊藤が意地を見せてデュースに持ち込みゲーム奪取。

5:伊藤に流れが来て6-0。孫穎莎は逆に勢いが落ちて精彩を欠き淡白なプレーになった。

6:孫穎莎のサーブはバックサイドへのロングサーブが多いが、伊藤がてこずっている。 孫穎莎がラリー戦にもちこみ点差を離した。

速報(準々決勝)

1:伊藤11-6陳思羽

2:伊藤11-6陳思羽

3:伊藤11-7陳思羽

4:伊藤6-11陳思羽

5:伊藤11-5陳思羽

伊藤コメント:「明日の試合は自分のプレーをして、楽しんで試合をしたい」

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の8勝6敗。

メモ:選手入場。両者気合が入った表情。

陳思羽:26位、27歳。日本生命。右シェークドライブ型。中国以外の海外勢の中では、伊藤と競っている油断できない相手。鄭先知とダブルスを組み、国際大会ではベスト4の成績を複数で残すなど、ダブルス名手としても知られる。威力のある両ハンドからのドライブが持ち味で、体幹が強くあまり動かずにレシーブしてくる。守備にも秀でる。

ファンコメント: 伊藤、石川が勝てば準決勝は日本対決か…! ピンク色の新ユニフォーム。伊藤、第1ゲームはサーブミス多いな…。伊藤はコース取りがうまいサーブも多彩すぎる伊藤はサーブモーションだけでなく、回転も見分けにくいし、巻き込み系のサーブの種類もまた増えている!? 相手も強い選手だけど、伊藤が強すぎる…。伊藤がサーブ前に手首を波打たせる新モーションを出している。ほぼ伊藤から攻めていた印象、相手は自分のプレーができなかった。

1:序盤は5-5、伊藤は積極的に攻めるも安定せずミスも出ている。後半はミート、レシーブがさえた。

2:伊藤が新サーブもみせている。勢いに乗り伊藤が圧倒。陳思羽は伊藤のミス以外でほとんど得点できず…。

3:伊藤の多彩なサーブに、陳思羽は的を絞れず混乱…解説者も伊藤のサーブが読めずと解説。サーブだけでなくレシーブも良く伊藤がこのゲームも圧倒。

4:ここまで相手にラリーさせずにきている。伊藤にミスが続き1-5とされる。その後、連続でサーブミスなどで落とした。

5:伊藤が手を緩めず勝利。

速報(1回戦)

1:伊藤6-11田志希

2:伊藤11-7田志希

3:伊藤11-7田志希

4:伊藤13-11田志希

5:伊藤11-7田志希

参考:(世界ランキング・シングルス)ツアー対戦成績は伊藤の8勝1敗

メモ:選手入場…田志希はかなり緊張した面持ち…

田志希:16位、28歳。中国からの帰化選手。Tリーグプレイヤー。サウスポー、シェーク攻撃型。伊藤には大きく負け越し苦手としている。前陣からの打点の速いドライブが特徴。フォアよりバックが得点源。レシーブはチキータ、フリックなど多彩。

伊藤コメント:「久々の試合ですごくうれしい。勝てて良かった。」

ファンコメント:久々に観戦! 一回戦から強豪。田志希は予選の調子は良くなかった…。 伊藤がアコースティックからカーボンにラケット変えてるね。 田志希は安定している。 伊藤のドライブでなくスマッシュ気味のフォアは威力あるね。伊藤のスマッシュは取れない。審判のレットに関して誤審が多く難しい試合。伊藤はフォアに振られた後の空いたバックを狙われている、 田志希は研究している打つコースを決めてる印象伊藤は逆境に強い。早いポイントが増えて伊藤のペース、田志希はメンタルが落ちた。3ゲーム以降、伊藤はサーブの種類を増やして乗っている。

1 開始1-4、伊藤は久々の実戦、 田志希は予選2試合を戦っている。伊藤も試合勘を取り戻すのに大変そうだ。田志希は得意のバックが好調。エッジボールで微妙な判定もあった。

2久々の試合で伊藤も緊張感ある表情が出る。シーソーゲームで6-6折り返し。後半は強気な伊藤の速攻がさえた。

3このゲームも接戦だったが、後半はサーブも効いて伊藤の攻めが冴えた。 田志希は消極的になってしまったか…。

4伊藤のポイントはレットと判定、しかし田志希は次のサーブを意図的にミスして伊藤がポイント。フェアプレーが出る。7-10から伊藤が逆転。

5サーブを増やす伊藤に田志希が対応しきれず…伊藤のペースで勝利。

卓球女子W杯(ワールドカップ)2020 試合結果、組み合わせ

卓球 2020年度の大会スケジュール・日程

コメント

タイトルとURLをコピーしました