錦織 7/1~ウィンブルドン
6/27~日本陸上
7/2~卓球・韓国
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 7/1~ウィンブルドン2019
バドミントン 2019日程
女子サッカー 6/23~W杯決勝T
女子サッカー 6/26日本VSオランダ
陸上 6/27~日本陸上2019
日本陸上 6/27,28 男子100m
日本陸上 6/27,28 男子400m
日本陸上 6/29,30 男子200m
日本陸上 6/27,30 男女5000m
マラソン・駅伝 2018-2019日程
バドミントン: 6/12~女子・全日本実業団
バドミントン: 6/12~男子・全日本実業団
卓球・女子: 7/2-韓国OP
卓球・男子: 7/2-韓国OP
卓球・女子: 7/9-豪州OP
卓球・男子: 7/9-豪州OP
卓球・女子: 7/18-T2ダイヤ
卓球・男子: 7/9-T2ダイヤ
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報1/26インドネシア・マスターズ2019・準決勝 髙橋礼華・松友美佐紀VSポリイ・ラハユ(バドミントン・女子ダブルス)

インドネシア・マスターズ2019(バドミントン・女子ダブルス)

テレビ放送:Jスポーツ2

試合日時:1/26 14:00

※メインコートの第1試合

インドネシア・マスターズ2019、バドミントン女子ダブルスはベスト4が決まりました。準決勝に勝ち上がった髙橋・松友ペアは、インドネシアのポリイ・ラハユと対戦します。プレ五輪の重要シーズン、大事な試合が続きますが速報で更新していきます。

女子ダブルス・インドネシア2019 試合結果、組み合わせ

速報

髙橋
松友
22-20
20-22
22-12
ポリイ
ラハユ

メモ世界ランク、髙橋・松友は2位。ポリイ・ラハユは4位。

松友が前衛でスピードを活かし、髙橋が後衛で強打で攻める形が基本。逆になってもプレーできる力を向上させている。緩急やコースを狙うレシーブで、相手を崩す能力に長けている。

ポリイ・ラハユはベテランと若手のペアである。経験を積んでおり、コンビネーションが上がっている。

対戦成績は髙橋・松友の8勝2敗。

第1セット:髙橋・松友22-20リイ・ラハユ

5点到達:髙橋・松友2-5ポリイ・ラハユ

10点到達:髙橋・松友5-10ポリイ・ラハユ

15点到達:髙橋・松友10-15ポリイ・ラハユ

20点到達:髙橋・松友19-20ポリイ・ラハユ

メモ:大きな歓声に迎えられるポリイ、ラハユ。1球ごとに大きな声援が飛ぶ、高松ペアは完全アウエー。歓声におされポリイ・ラハユが出だしで勢いづく…互いに粘り強いレシーブでロングラリーが多い序盤だが、集中力の高いインドネシアがものにする…高松ペアにラリーの終盤でミスが出ている…連続ポイントが取れない高松ペア後半はポリイ・ラハユがタイミングよく攻撃に転じて主導権を握った…しかし、ポリイ・ラハユの勢いがとまり、終盤に高松ペアが猛追して逆転、落ち着いたレシーブと前へのスピードをあげた。後衛の高橋の攻撃も冴えた

スポンサーリンク




得点経過:0-1、1-1、1-2、2-2、2-3、2-4、2-5

3-5、3-6、3-7、3-8、4-8、5-8、5-9、5-10

6-10、7-10、7-11、7-12、8-12、8-13、9-13、9-14、10-14、10-15

11-15、11-16、11-17、11-18、12-18、13-18、14-18、15-18、15-19、16-19、17-19、18-19、19-19、19-20

20-20、21-20、22-20

第2セット:髙橋・松友20-22ポリイ・ラハユ

5点到達:髙橋・松友2-5ポリイ・ラハユ

10点到達:髙橋・松友10-9ポリイ・ラハユ

15点到達:髙橋・松友14-15ポリイ・ラハユ

20点到達:髙橋・松友20-18ポリイ・ラハユ

メモ:風上になり勢いある攻撃になる高松ペア…高松のローテーション、コンビネーションもうまくいっている…中盤は互いにテンポの速いラリーになる…終盤まで接戦が続くが、インドネシアが逆転

得点経過:0-1、0-2、0-3、1-3、1-4、2-4、2-5

3-5、4-5、4-6、5-6、5-7、5-8、6-8、7-8、8-8、9-8、9-9、10-9

10-10、10-11、11-11、11-12、12-12、13-12、13-13、13-14、14-14、14-15

15-15、16-15、16-16、17-16、18-16、18-17、18-18、19-18、20-18

20-19、20-20、20-21、20-22

第3セット:髙橋・松友11-7ポリイ・ラハユ

5点到達:髙橋・松友5-1ポリイ・ラハユ

10点到達:髙橋・松友10-7ポリイ・ラハユ

15点到達:髙橋・松友15-9ポリイ・ラハユ

20点到達:髙橋・松友20-10ポリイ・ラハユ

メモ:出だしからテンポよく得点を重ねる高松ペア…低空のラリー戦でスピードが上がる…徐々にポリイ・ラハユのレシーブが甘くなり、高松ペアが攻撃する場面が増える…インドネシアのペアは後半になると、集中力を欠いてイージーミスが増えた…

得点経過:1-0、2-0、2-1、3-1、4-1、5-1

5-2、5-3、6-3、6-4、6-5、7-5、7-6、8-6、8-7、9-7、10-7

11-7、11-8、12-8、12-9、13-9、14-9、15-9

15-10、16-10、17-10、18-10、19-10、20-10

20-11、20-12、21-12
女子ダブルス・インドネシア2019 試合結果、組み合わせ

バドミントン 2019年度の大会スケジュール

2019年バドミントン・日本代表メンバー