バドミントン・ファイナル 12/17決勝-山口茜18:50頃、福島・廣田VS田中・米元20:30頃
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は決勝17:00 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第5戦は12/17 23:30 ~
スポンサーリンク

ドミニク・ティエム 次世代を担う新鋭・昇り竜 選手名鑑

2016年のアルゼンチン・オープン(クレー)では、クレーキングと称されるナダルを準決勝で破り、優勝をはたした新鋭がドミニク・ティエムです。シーズン序盤は絶好調で勝ち星を重ね、まさに昇り竜といえるような存在です。

※2017年9月更新

選手名鑑

ドミニク・ティエム

オーストリア出身 

1993年9月3日生まれ 

185㎝/82㎏ 

右利き・片手打ち 

現在、ランキングは8位

今季の成績:43勝19敗

父親と母親がテニス選手 

父親は有名なコーチで、マッケンローの兄であるP.マッケンローをコーチしていたことがある。 

5歳でテニスを始め、2011年の全仏OPのジュニア部門で準優勝。 

2012年にプロに転向。 

2013年は121位ながら、2014年には39位にランクアップと、急激に実力をつけている新進気鋭の成長株の一人。 

2014年に全豪OP本戦初出場。 

2014年のマドリード・マスターズでは、スタン・ワウリンカに勝利している(1-6、6-2、6-4)。 

2014年の全米OPでは、エルネスツ・ガルビス、フェリシアーノ・ロペスを破って4回戦に進出している。 

2015年にはニース・コートダジュール・オープン(250)で、イスナー、キルギオスなどを破って、ツアー初優勝をはたした。この年は飛躍の年となり、ツアー3勝。

2016年は、フェデラー、ナダルから勝利をあげている。クレーコートのアルゼンチン・オープンで、ツアー4勝目をあげた。さらに、3月のメキシコOPも制して、絶好調である。世界ランキングも7位まであげている。

2017年はリオ・オープンで優勝している。

強烈なサービスとフォアハンドを武器としている。また、大きな構えから放たれる片手バックハンドは、コースが読みにくい特徴がある。さらに、反応がよく、相手のプレースタイルを読みながら、攻撃を組み立てることができる。

決勝に進出すると優勝につなげることが多く、勝負強さを持つ。

クレーコートでの優勝が多い。

☆テニス選手名鑑 トップページ
☆錦織圭、テニス情報満載→トップページ(準備中)