卓球
バドミントン
カーリング・冬季種目
卓球
バドミントン
カーリング・冬季競技

2/12~ニューヨーク・オープン2018 ドロー、組み合わせ、試合結果、出場選手 錦織圭がATPツアーに復帰!

nishikori-kei by si.robi錦織圭

ニューヨーク・オープン2018

2018年シーズンが始まり、復帰した錦織圭。ニューポート・ビーチRBCテニスとチャレンジャーの大会に出場しました。そして、ニューヨーク・オープン2018で本格的にATPツアーに復帰する予定です。このページでは大会の試合結果、ドロー、出場選手などを記載しております。なお、テレビ放送については未定となっております。

※錦織は番目の表(ドロー決定

スポンサーリンク

試合結果

1回戦

錦織76 2
ルビン 530

2回戦

錦織66 2
ドンスコイ240

準々決勝

錦織4662
アルボット6311

準決勝

錦織16641
アンダーソン63772

決勝

クエリー631
アンダーソン4672

※決勝は2/19 5:30

ニューヨーク・オープン2018 ドロー

ベスト8

new-york-open2018-draw

赤い数字はシードランキング

※数字は世界ランキング

スポンサーリンク





全組み合わせ

new-york-open2018-drawnew-york-open2018-draw

new-york-open2018-drawnew-york-open2018-draw

ニューヨーク・オープン概要

場所:ニューヨーク(アメリカ)

コート:indoor/ハード

カテゴリー:ATP250

日程:2/122/18

ドロー:32

ドロー特徴

ニューヨーク・オープン2018のドローが2/11発表になりました。

2017年は終盤を怪我で欠場した錦織圭。

2018シーズンは1月最初のブリスベン国際で復帰予定でしたが、大事を取りました。
そして、1月下旬のニューポート・ビーチで復帰しました。

この大会はATPツアーの下部大会チャレンジャーでしたが、1回戦でノビコブ(アメリカ・当時238位)に衝撃の敗戦を喫しました。

怪我への配慮から思い切り打てない状況とのこと、不安を感じさせる復帰戦でした。

続くRBCテニスもチャレンジャーとなりましたが、偶然にもノビコブと再戦、勝利すると順調に勝ち上がって優勝しました。

チャレンジャーは100位以下の選手も多く参加する大会である。

錦織は2大会を消化し、いよいよATPツアーに復帰します。

そして、その復帰大会がニューヨーク・オープンとなりました。この大会は今季新設された大会です。

1回戦の相手はノア・ルビン(アメリカ・186位)となりました。

21歳の選手で、初対戦となりました。

ワイルドカード(主催者推薦)での出場で、今大会の出場選手では世界ランキングがかなり下のプレイヤーです。

上位シード

1:K・アンダーソン(南アフリカ・11位)

2:S・クエリー(アメリカ・12位)

3:J・イズナー(アメリカ・18位)

4:A・マナリノ(フランス・25位)

錦織は第5シードとなっております。

上位シードの顔ぶれはビックサーバーが多いです。

トップハーフに入った錦織は、勝ち上がるとイズナー、アンダーソンらと対戦する可能性があります。

順当に上位が勝ち上がると、ビックサーバー3連戦などということもあるかもしれません。

ちなみに、ノーシードですが、カルロビッチ(クロアチア・90位)も出場しており、代表的なビックサーバーが多く出場する大会となっています。

錦織はATPツアー復帰でどこまできるか、注目が集まります。

出場選手

名前WR国籍
錦織圭27日本
K・アンダーソン11南アフリカ
S・クエリー12アメリカ
J・イズナー18アメリカ
A・マナリノ25フランス
チャン・ヘヨン29韓国
S・ジョンソン50アメリカ
R・ハリソン43アメリカ
J・ドナルドソン59アメリカ
N・バシラシビリ57ジョージア
ゴヨブジク60ドイツ
D・ヤング65アメリカ
E・ドンスコイ71ロシア
VE・ブルゴス86ドミニカ
カルロビッチ90クロアチア
J・シャルディー91フランス
ティアフォー93アメリカ
D・セラ97イスラエル

※WRは2018年1月29日発表の世界ランキング

☆2018 錦織圭の出場大会
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ
タイトルとURLをコピーしました