スポンサーリンク

ロジャーズ・カップ2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第5シード、杉田祐一も出場!(カナダ大会・マスターズ)

北米でのハードコートが続くシーズンに入った錦織圭。トップ10を維持する上でも重要な大会が続きますが、シティ・オープンに続き、昨年・準優勝を飾っているロジャーズ・カップ2017に出場、ドローをお伝えします。

試合結果

1回戦:杉田6-4/1-6/4-6ゴファン/13 

1回戦:モンフィス2-6/7-6/6-1ジョンソン/34

2回戦:錦織7-6/5-7/6-7モンフィス22

3回戦:フェデラー4-6/6-4/6-2フェレール/33

3回戦:ナダル6-3/4-6/6-7シャポバロフ/143

準々決勝:フェデラー6-4/6-4アグート/16 

準決勝:フェデラー6-3/7-6ハーセ/52

準決勝:ズべレフ6-4/7-5シャポバロフ/143

決勝:フェデラー3-6/4-6ズべレフ/

※杉田祐一は「2番目」、錦織圭は「7番目」の表。

ロジャーズ・カップ2017ドロー

feverblue

ベスト8

rogers-cup2017-draw

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ
全組み合わせ

トップハーフ

f:id:akatsuki_18:20170811145949g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811094801g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811093548g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811093559g:plain

ボトムハーフ

f:id:akatsuki_18:20170811062913g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811062155g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811062159g:plain

f:id:akatsuki_18:20170811093613g:plain

気になる噂・トピックス

8/5 上位に異変!?/大会前にはジョコビッチの長期休養が発表された。さらに、シードが決まった後には、マレー、ワウリンカ、チリッチの欠場が発表された。シーズンも中盤となり、疲労や怪我で悩む選手も増えそうだ。逆にこの時期から、調子を上げてくる選手もいる。

8/5 錦織に恩恵!?/上位陣に欠場が相次ぎ、現在ランキング9位の錦織だが、第5シードに入った。発表当初は第8シードだった。昨年は準優勝しているため、早々の敗退は、ポイントの大きなロスを意味してくる。ランキングを維持するためにも、北米シリーズは正念場と言える。

8/5 初戦の相手/錦織は2回戦から登場、モンフィス(22)orジョンソン(34)と対戦だ。錦織はモンフィスには3勝0敗ジョンソンには4勝0敗としている。一方の杉田は、強豪D・ゴファン(13位)と1回戦で対戦する。対戦成績は、杉田の0勝1敗だ。