スポンサーリンク

パブロ・クエバス クレー巧者、30歳を超えても活躍 選手名鑑

2016年はリオOP、ブラジルOPで立て続けに優勝して、世界を驚かせたのがパブロ・クエバスです。特にクレーでは強さを発揮する警戒が必要なプレイヤーです。このページではクエバスの選手名鑑を掲載しています。

※2017年9月更新

選手名鑑

パブロ・クエバス

国籍:ウルグアイ 
180cm/80kg

1986年1月1日生まれ
右手・片手打ち

プロ転向:2004年
現在のランキング:31位

今季成績:18勝16敗

優勝経験:シングルス5勝、ダブルス5勝
2008年に全仏ダブルスで優勝するなど、ダブルスも得意としている。
相手への強打への対応能力が高い試合巧者。
守備力、ストローク力があり、角度をつけたショット、球威ともに高水準のレベルにある。

特にクレーコートでは5割以上の勝率があり、相手にとっては危険なプレイヤーだ。
2011年から膝のけがのため、1年以上も公式戦から遠ざかったことがある。
2014年にツアー・シングルスで2勝をあげた。両大会ともクレーコートである。

2016年はブラジルOP、リオOPで連勝して、ツアーの序盤をわかせている。特にリオOPでは、クレーキングのナダルも破っている。

2015年には錦織と全豪OP、マイアミOP時などに、練習している。

対戦成績は、錦織の1勝0敗。

☆テニス選手名鑑 トップページ
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ(準備中)