スポンサーリンク

ジュニア時代に指導した米沢徹が語る錦織圭「学習能力の高さにとんでもない才能を感じた」 BS朝日解説者

現在、独特かつマイペースな語り口調で、BS朝日・錦織の試合を解説しているのが米沢徹氏です。錦織の米国留学時代、初期のコーチとして指導していた人物です。まさに、錦織のプロとなる土台を築いた人物と言えますが、このページでは、米沢徹が語る当時の錦織や指導方法、人物について、掲載しています。

コーチ、解説者

米沢徹(よねざわ とおる)

大阪府大阪市出身 

1958年10月31日生まれ 

186㎝/76kg 

米サウスウエスタン・ルイジアナ大学出身 

テニスは6歳から始めている。 

日本での最高ランクは3位。 

世界ランキングは300位 

現在はTEAM YONEZAWAで、ジュニアの指導に当たっている。 

1995年~1998年までジュニア・デビスカップ監督を務める。 

盛田正明テニスファンドに所属していたこともある。 

盛田正明テニスファンドは、錦織も利用した経験がある留学費用などを補助したり、選手を育成する機関。 

IMGニックボロテリーアカデミーや、フランスでも指導経験があるなど、海外を知るテニス指導者。 

アメリカでは、錦織、奈良くるみなどを指導した経験を持つ。 

好きな言葉は「継続は力なり」 

好きなことは、カフェでくつろぐこと。 

米沢氏が語る錦織圭

米沢氏は12歳から14歳まで、盛田ファンドで錦織を指導しています。 当時の錦織は、13歳の時に150㎝しかなかったため、高い球を強く打ちかえすことができませんでした。

「反射神経も動体視力も良い選手ではなかった」と語っています。そんな錦織に対して、「ジャンプしてバックの高いところを、左右にコントロールできる選手は、世界にもいない」と説いて、1日100本のリターンの練習を課したそうです。 また、今では錦織の代名詞になった「エアーK」と言われるジャンピングフォアハンドの練習をさせたのも、この頃でした。高い球をただジャンプして打ち返すのではなく、武器になるように指導したのです。

そして、苦手だったサーブの練習も、当然ながら取組ませました。毎日、2時間をかけてサーブの練習をして、右だけではなく、左でも打たせるようにしたのは、肩や首が痛まないように配慮したためです。すると、錦織はスポンジのように吸収し、左でもとんでもなく高いレベルになったと言います。

さらには、高い球をスイングボレー(斜め打ち)して、スマッシュが打てなかった錦織ですが、数か月で克服。米沢氏はその学習能力の高さに、舌を巻いたと言います。

また、メンタルに関しては、「執念と負けず嫌いの両方を併せ持っている」と評しています。粘ってくる相手には牙をむき、強者に対しては、「何か一つでもやってやろう」とあきらめない粘り強さがあると語ります。

ただ、当時の錦織はひ弱で体力がなかったそうです。長い練習や、「頑張れよ!」というと、熱を出してしまう子供でした。そんな錦織に対して、ラーメンやうどんを食べさせ、休み休みやらせていたと言います。じっくり取り組める環境があったのが、幸いだったと語ります。

米沢氏は小柄な錦織に、3人前の食事をとることを課していたそうです。

「普通は嫌いなものは食べられないけれど、そういった指示を錦織は守っていた」「他の選手にはない能力、気持ち」を持っていたと振り返っています。

まさに、意欲にあふれ、素直な錦織の当時の姿が、浮かんできますね。 ちなみに、オフの日になると錦織はたくさん寝て、午後は米沢氏の家でゲームに熱中していたそうです。しかも、ゲームでもオリジナル技を編み出そうとしていたそうで、探究熱心な性格が表れています。

「プレイヤーとしての才能は14歳までに決まる」と言われるテニス界。錦織は自分に合った、良いコーチに出会ったと言えそうです。

参考:錦織圭「育ての親」が明かす「エア・ケイ」誕生秘話

☆錦織&テニス情報満載→トップページ
☆テニス選手名鑑 トップページ