スポンサーリンク

加藤杏華 ノーシードからの快進撃 世界4位の福原にも勝利 選手名鑑

全日本卓球2016では、福原愛を破り準決勝進出というサプライズを起こしたのが加藤杏華です(当時19歳)。若手選手の1人で、これからの活躍が期待されるプレイヤーです。

加藤杏華(かとうきょうか)

卓球・選手名鑑

岐阜県出身 

1996年12月24日生まれ 

戦型:右シェーク・裏表・前人速攻

所属:十六銀行女子卓球部

岐阜商業高校出身

2016年1月次時点の世界ランキング:119位/24位(U21)

全日本卓球2015では、シングルスでベスト8 

速いラリーを得意としている。 

2015年は後期日本卓球リーグ2部で、十六銀行が優勝している。

19歳でのぞんだ全日本卓球2016では、ノーシードながら、野中由紀(筑波大)、前田美優(世界ランク65位)、福原愛(世界ランク4位)、早田ひな(世界ランク61位)とシード選手を次々と破り、準決勝に進出。 特に5回戦では、世界ランク4位の福原愛を撃破する金星をあげている。3セット奪われてから、4セットを奪い返す逆転勝利となった。

☆卓球情報が満載→トップページ