スポンサーリンク

劉詩ウェン 中国トップ選手の一人 選手名鑑

世界ランキング1位を経験している劉詩ウェンは、小柄ながら卓越した卓球センスを持った選手です。ただ、中国ナンバー1である丁寧とのライバル対決では、後塵を期すことが多いです。

中国ナンバー2というイメージがある劉詩ウェンですが、リオ五輪では中国・女子団体の金メダル獲得に貢献しています。

卓球選手名鑑

劉詩ウェン(りゅう しうぇん/Liu Shiwen)

中国出身 

1991年4月12日生まれ 

世界ランキング:2位 

戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型 

王楠(世界選手権3回優勝)を育てた張晶清に見いだされ、広東省に移籍した。 

2009年の世界選手権横浜大会でベスト4、ワールドカップ優勝。

2010年には世界ランキング1位となる。 

2011年の世界選手権では、丁寧に敗れて3位。 

2012年にはロンドン五輪代表の座を逃している。

2015年の世界選手権蘇州大会でも、決勝で負傷している丁寧に敗れ、中国2番手に甘んじている。 

小柄ながら抜群のセンスを活かし、前陣での両ハンド攻撃を得意としている。 

両ハンド攻撃の連打は非常にピッチが速く、基礎技術のレベルが高い。イージーなミスが少ない選手で、小柄ながら対カットにも強さを発揮できる。

☆卓球トップページ