バドミントン・ファイナル 2017山口、田中・米元が優勝
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は準優勝 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第6戦は1/6 20:55~
スポンサーリンク

伊藤美誠、早田ひなが世界1位の朱雨玲らを破ってタイトル獲得!(スウェーデンOP2017)

伊藤美誠早田ひながアジア王者を破るアップセットを起こして、スウェーデンでタイトルを獲得しました。

決勝戦の相手はアジア王者かつ世界選手権の銀メダリスト、中国の朱雨玲と陳夢でした。

朱雨玲はシングルス世界ランキング1位、陳夢は世界ランキング2位というトップ選手です。
(伊藤美誠は6位、早田ひなは14位)

スウェーデン2017 組み合わせ Embed from Getty Images
スポンサーリンク




伊藤,早田ペアは、1回戦でTamolwan, Nanthana(タイ)、2回戦でSarah,倪夏蓮(ルクセンブルク)をストレートで破り、準決勝に進出しました。

準決勝は陳思羽,鄭怡静(台湾)という強敵で、ドイツOPで準優勝したチームでしたが、ストレートで勝ちました。

そして決勝は強豪の中国ペアでしたが、11-8, 1-11, 11-9, 11-9というスコアで勝利をおさめました。

積極的に前に出た伊藤、早田が第1セットを取ったことで、中国ペアを本気にさせました。

第2セットは中国ペアが強力なトップスピンを使って、11-1で取って圧倒します。

こういった展開で、日本勢が中国勢の勢いに押されて一気に崩れると言うことは、しばしばある結果です。

しかし、この日の早田と伊藤…17歳のティーンエイジャーコンビは違いました。

第1セットと同様に第3セットは気圧されることなく、陳夢、朱雨玲の激しい打撃に対応したのです。

9-8と1点リードのところで中国ペアはタイムアウト、それは功を奏したのでしょうか?

タイムアウト後、3点を連取したのは17歳のペアでした。

第4セットも日本ペアが良い流れとなり8-4とリードしました。

そして、9-7となったところで、日本ペアはタイムアウトをコールしました。

この決断は功を奏し、最終的には11-9で伊藤,早田が勝利につなげました。

「第2セットを容易に失い、私たちは『次のゲームは新しいゲームだ。私たちにとって、もう一度スタートからだ』と言い聞かせました」

と試合後の伊藤美誠。

「私たちが勝利した1つの要因は、美誠のプレーが私のトップスピン・フォアハンド攻撃を可能にしてくれたことです。それが、朱雨玲、陳夢のブロックミスを誘いました」

早田ひなが語りました。
早田ひなが最終ポイントを取ると、2人は祝福しました。

スポンサーリンク



ワールドツアーにおいては、チェコに続いて2度目のタイトル獲得となった早田、伊藤ペア。

ちなみに、早田ひなは平野美宇とのペアで、ドイツOPでも優勝しています。

このようにダブルスにおいて、早田ひなの存在感は大きくなってます。

そして、早田も伊藤も平野も、まだ17歳です

若い選手の活躍が、日本卓球の未来を明るく照らしています。

スウェーデン2017 試合結果
☆卓球トップページ
☆卓球 2017スケジュール

参考、引用:https://www.ittf.com/2017/11/19/hina-hayata-mima-ito-upset-odds-beat-asian-champions-claim-gold/