卓球
バドミントン
カーリング・冬季種目
卓球
バドミントン
カーリング・冬季競技

2020年 バドミントン・日本代表メンバー(ナショナルチームA代表/男子・女子・混合・シングルス・ダブルス)

badmintonバドミントン

バドミントン・日本代表メンバー2020

2020年は東京五輪が開催される節目の年となりました。男子シングルスでは金メダル最有力の桃田賢斗、女子シングルスではメダル候補の山口茜、奥原希望、女子ダブルスでは髙橋礼華松友美佐紀よりランクが上の福島・廣田、松本・永原らに期待がかかります。このページで2020年のバドミントン・日本代表選手をお伝えしています。

2020年の大会スケジュール

スポンサーリンク

日本代表

男子シングルス

桃田賢斗/1位

常山幹太/10位

西本拳太/16位

桃田賢斗:世界ランク1位をキープし続ける日本のエース。バドミントン界では世界的にも名をとどろかしている。東京五輪では金メダル候補でのぞむ。多彩なショットやラリー、ヘアピンに代表される高度な技術、柔軟な戦術眼、高い守備力を誇る。

西本拳太:2019年は常山にランキングで後れを取るなど、精彩を欠いてしまった。2020年は巻き返しの年となる。

スポンサーリンク


女子シングルス

山口茜/3位

奥原希望/4位

髙橋沙也加/14位

大堀彩/19位

山口茜:2019年は後半、精彩を欠いて不調に陥った。終盤はやや回復傾向にあったため、2020年は東京五輪に向けて正念場となる。粘り強いラリーとトリッキーなフェイントが魅力。

奥原希望:大舞台で勝負強さを見せるなど強いメンタリティーが特徴。粘り強いラリーと守備力、スタミナは世界トップレベルだ。

髙橋沙也加:山口、奥原という世界トップレベルの2人がいるため、東京五輪の座を難しい。しかし、次の五輪では期待がかかり、ブレイクを予感させる選手だ。ワールドツアーでも、強豪に勝つ試合も出てきている。

女子ダブルス

福島・廣田/2位

松本・永原/3位

髙橋・松友/4位

松山・志田/13位

髙橋・松友:リオの金メダル獲得は、日本バドミントン界を大きく飛躍させる結果となった。その後の4年間では、若手なども台頭し、負ける場面も目立っている。しかし、世界ランクは4位につけている。

福島・廣田:2019年も安定感抜群、終わってみれば世界ランク2位で終えた。両選手ともシングルス能力も高く、攻守において高いレベルでプレーできるのが強みだ。安定感も高く、東京五輪でも期待される。

松本・永原:この4年間で最も成長した若手といえるのがこのペアである。高い身長を武器に、強力な連続攻撃で世界選手権2連覇を達成するなど、一躍、五輪の金メダル候補となった。

男子ダブルス

園田・嘉村/3位

遠藤・渡辺/6位

保木・小林/14位

混合ダブルス

渡辺・東野/3位

保木・永原/25位

※2019年12月31日発表の世界ランキング

2020年の大会スケジュール

コメント

タイトルとURLをコピーしました