10/15~バドミントン・デンマーク
10/8~卓球ドイツ
10/11~女子カーリング
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
卓球・速報: 10/13決勝 伊藤VS孫穎莎/a>
卓球・速報: 10/13準決勝 伊藤VS馮天薇/a>
バドミントン 2019日程
高梨沙羅 2019-2020日程
女子カーリング 2019-2020日程
女子カーリング 10/11~オータム ゴールド2019
ラグビーW杯: 9/20~結果、放送
バドミントン・デンマーク: 10/15~男子単
バドミントン・デンマーク: 10/15~女子単
バドミントン・デンマーク: 10/15~女子複
卓球・女子: 10/1-スウェーデン
卓球・男子: 10/1-スウェーデン
卓球・女子: 10/8-ドイツ
卓球・男子: 10/8-ドイツ
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報4/14シンガポール・オープン2019・決勝 桃田賢斗VSアンソニー・ギンティング(バドミントン・男子シングルス)

速報4/14シンガポール・オープン2019・決勝 バドミントン・男子シングルス)

テレビ放送:Jスポーツ1(放送開始は13:50-)

試合日時:4月14日18:00頃

※メインコートの第5試合、第1試合は14:00開始

バドミントン・シンガポール・オープン2019、男子シングルスは佳境、決勝戦を迎えます。日本のエース桃田賢斗が対戦するのは地元インドネシアのアンソニー・ギンティングになります。優勝をかけた一戦を速報で更新予定です。

男子シングルス・シンガポール・オープン2019

→バドミントン 2019年度の大会スケジュール

→2019年バドミントン・日本代表メンバー

速報

1:桃田10-21ギンティング

2:桃田21-19ギンティング

3:桃田21-13ギンティング

メモ:世界ランキング、桃田は1位、ギンティンは9位。対戦成績は桃田の6勝3敗。一時期、桃田が連敗するなどやや苦手な相手。

桃田は世界トップと言われるネットプレーをはじめ、多彩なショット、ラリー、攻撃、守備力などが高いオールラウンダー。ギンティングは好調時の桃田に連勝したこともある選手。リストが強く、瞬発力・技術があるオールラウンダー。

スポンサーリンク

第1セット:桃田10-21ギンティング

5点到達:桃田3-5ギンティング

10点到達:桃田4-10ギンティング

15点到達:桃田8-15ギンティング

20点到達:桃田10-20ギンティング

メモ:チャンスでは積極的に攻撃してくるギンティン、左右にスマッシュが決まり先にペースを握る…桃田のショットが浅くなって、ギンティンの攻撃を許している…ギンティンがライン際の際どいショットを決めている…ロングラリーになっても、ギンティンが粘り強いプレーから得点。後半は打たずに、じっくりしたプレー…最後までギンティンが崩れず、隙を見せないプレーで圧倒した…

得点経過:1-0、2-0、2-1、3-1、3-2、3-3、3-4、3-5、

4-5、4-6、4-7、4-8、4-9、4-10、

4-11、4-12、4-13、5-13、6-13、7-13、7-14、8-14、8-15、

8-16、9-16、9-17、10-17、10-18、10-19、10-20、10-21

第2セット:桃田21-19ギンティング

5点到達:桃田2-5ギンティング

10点到達:桃田8-10ギンティング

15点到達:桃田11-15ギンティング

20点到達:桃田20-18ギンティング

メモ:ラリーでは互いに粘り強くレシーブする展開…ギンティンは攻撃後の前への反応が早い…桃田はなかなか仕掛けれらず我慢の前半、接戦で進む…メリハリの効いた攻撃、キレのあるショットでペースを握るギンティン、桃田のバックサイドへのスマッシュが決まっていたが、桃田もレシーブできるようになっている…終盤になり桃田のネットへのショットがきまる…勝ちが近づいたギンティンにミスが連続…隙を逃さずスピードある攻撃で桃田が逆転に成功した…

得点経過:0-1、1-1、1-2、2-2、2-3、2-4、2-5、

3-5、4-5、5-5、5-6、6-6、7-6、7-7、8-7、8-8、8-9、8-10、

9-10、9-11、10-11、10-12、11-12、11-13、11-14、11-15、

11-16、12-16、13-16、14-16、15-16、15-17、16-17、17-17、18-17、19-17、19-18、20-18、

20-19、21-19

第3セット:桃田21-13ギンティング

5点到達:桃田2-5ギンティング

10点到達:桃田7-10ギンティング

15点到達:桃田15-12ギンティング

20点到達:桃田20-13ギンティング

メモ:序盤は桃田の足が止まりがちで、レシーブが遅くなっている…ギンティンはフットワークも良く、動きも機敏…インターバル明けはギンティンにミスが連続、点差が縮まる…桃田が得意の守備からの好レシーブでギンティンのリズムを崩す…後半になると疲労からギンティングのプレーが単調になったか…

得点経過:1-0、1-1、1-2、1-3、2-3、2-4、2-5、

2-6、2-7、3-7、4-7、5-7、5-8、6-8、6-9、7-9、7-10、

7-11、8-11、8-12、9-12、10-12、11-12、12-12、13-12、14-12、15-12、

16-12、17-12、17-13、18-13、19-13、20-13、21-13

→バドミントン 2019年度の大会スケジュール

→2019年バドミントン・日本代表メンバー

男子シングルス・シンガポール・オープン2019