9/20~ラグビーW杯
9/17~バドミントン・中国
9/15~卓球アジア選手権
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 9/30~楽天ジャパン
バドミントン 2019日程
高梨沙羅 2019-2020日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
速報:MGC 9/15女子マラソン
ラグビーW杯: 9/20~結果、放送
ラグビーW杯: 9/20日本VSロシア
バドミントン・中国: 9/17~男子シングルス
バドミントン・中国: 9/17~女子シングルス
バドミントン・中国: 9/17~女子ダブルス
バドミントン・韓国: 9/24~男子シングルス
バドミントン・韓国: 9/24~女子シングルス
バドミントン・韓国: 9/24~女子ダブルス
卓球・女子: 9/15-アジア卓球選手権
卓球・男子: 9/15-アジア卓球選手権
卓球・女子: 10/1-スウェーデン
卓球・男子: 10/1-スウェーデン
平昌五輪: 女子カーリング 結果

8/1~女子・どうぎんカーリングクラシック2019 結果、日程 ロコソラーレ、中部電力ら国内4強が出場!

どうぎんカーリングクラシック2019

8月1日行われるどうぎんカーリングクラシック2019。女子カーリングにはロコソラーレ(LS北見)、中部電力、北海道銀行、富士急と国内4強が出場する注目の大会になります。このページでは大会の結果、日程、出場チームなどを掲載します。

準決勝・組み合わせ:8/4

ロコソラーレ7-6フルーリー/カナダ

決勝:8/4 16:00-

ロコソラーレ2-7ジャン/中国

テレビ放送

放送はテレ朝チャンネル2でlive

黒文字は女子

8/2(金)12:25、15:55-、19:25-

8/3(土)12:25、15:55-、19:25-

8/4(日):8:55-準決勝

8/4(日):12:25-、15:55-決勝

速報

ロコソラーレ:札幌協 道銀 準決勝 決勝 

中部電力:カナダ 

カーリング女子・有力チーム 北海道銀行/LS北見/富士急/中部電力

どうぎんカーリングクラシック2019 概要

日程:8/1~8/4

開催:どうぎんカーリングスタジアム(札幌市)

競技:予選は8/1~8/3、各チーム4試合を行う。上位4チームが準決勝に進出、決勝トーナメントが8/4に行われる。

2018年結果:スイス(優勝)、ロシア(2位)、カナダ(3位)

見所・展望:国内4強が顔をそろえる注目の大会。国内でリードするチームはどこか、現状がわかる大会。

出場国チーム&勝敗

Cブロック

1位:ロコソラーレ(3勝1敗)

2位:ジャン・中国(3勝1敗)

3位:北海道銀行(3勝1敗)

4位:ルミヤンツェワ・ロシア(1勝3敗)

5位:札幌協会(0勝4敗)

Dブロック

1位:メイ・中国(4勝0敗)

2位:フルーリー ・カナダ(3勝1敗)

3位:中部電力(2勝2敗)

4位:富士急(1勝3敗)

5位:ロコ・ステラ(0勝4敗)

日程&試合結果

8/1 :予選1日目

10:30

富士急9-3ロコ・ステラ

北海道銀行4-2ルミヤンツェワ・ロシア

8/2:予選2日目

12:30-

ロコソラーレ6-4札幌協会速報

ロコ
札幌

中部電力6-7メイ・中国

中部
メイ

19:30-

ロコソラーレ8-5ジャン・中国

ロコ
ジャン

中部電力4-7フルーリー ・カナダ→速報

中部
フル

北海道銀行5-3札幌協会

富士急2-9メイ・中国

8/3:予選3日目

12:30-

ロコソラーレ4-8北海道銀行速報

ロコ
北銀

中部電力6-4富士急

中部
富士

19:30-

ロコソラーレ8-3ルミヤンツェワ・ロシア

ロコ
ルミ

中部電力9-2ロコ・ステラ

中部
ステラ

北海道銀行1-7ジャン・中国

富士急2-8フルーリー ・カナダ

8/4:最終日

9:00-:準決勝速報

ロコソラーレ7-6フルーリー・カナダ

ロコ
フル

スポンサーリンク

16:00-:決勝→速報

ロコソラーレ2-7ジャン/中国

 
ロコ    
ジャン    

ロコソラーレ:(LS北見)スキップは藤澤五月、リードが吉田夕梨花、セカンドが鈴木夕湖、サードが吉田知那美。国内屈指のリード吉田夕、経験豊富な吉田知らを擁する。セカンドは役割が増えており、鈴木の調子に注目。藤澤は国内を代表するスキップだが、安定感が課題。五輪の銅メダリスト。

中部電力:国内4強でも、現状頭1つ抜きに出ているのが中部電力だ。コーチに両角友佑を招聘し、メンタル・戦略が向上。世界でも戦えるチームに。リードは石郷岡葉純、セカンド(スキップ)が中嶋星奈、サードが松村千秋、フォースが北澤育恵。各ポジションのレベルが高く、隙が少ないチーム。

北海道銀行:国内の古豪。チームをけん引した小笠原が去るなど、チームは過渡期か…やや、上位2チームに遅れをとっているが、メンバー・ポジションが固定され、チーム力のアップが期待される。リードが船山弓枝、セカンドが近江谷杏菜、サードが小野寺佳歩、スキップが吉村紗也香。各ポジションに実力者をそろえる。スキップの吉村の出来がキーになりそう。

富士急:リードが小谷優奈、セカンドが石垣真央、サードが小谷有理沙、スキップが小穴桃里。世界での経験も積み、実力をつけてきたチーム。ダークホースとなるか…。

カーリング女子・有力チーム 北海道銀行/LS北見/富士急/中部電力

LS北見チーム名鑑

LS北見2018-2019スケジュール