錦織 9/17-モーゼルOP2018 ドロー決定
9/18~バドミントン 中国OP
9/27~カーリング クラシック LS北見
9/28~卓球女子 W杯2018
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 9/17~モーゼルOP2018
ドロー: 10/1~楽天ジャパンOP2018
バドミントン 2018スケジュール
マラソン・駅伝 2018-2019スケジュール
LS北見: 9/28~カーリング クラシック2018
卓球: 9/28~女子W杯 石川、平野
バドミントン・中国OP: 9/18~女子シングルス
バドミントン・中国OP: 9/18~女子ダブルス
バドミントン・中国OP: 9/18~男子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子シングルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~女子ダブルス
バドミントン・韓国OP: 9/25~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

1/29~日本カーリング選手権2018 女子の試合結果、テレビ放送、日程、出場チーム 中部電力、北海道銀行が参戦!

日本カーリング選手権2018・女子

curling

Ophidian

ピョンチャン五輪に出場する藤澤五月吉田知那美本橋麻里らが所属のLS北見(ロコソラーレ)は不出場の今大会。昨年度優勝の中部電力、ソチ五輪の日本代表・北海道銀行などが出場しますが、日本カーリング選手権2018・女子の試合結果、テレビ放送、出場チームなどを掲載していきます。

テレビ放送

放送はNHKBS1

2/3(土) 15:00~ 女子・準決勝
2/4(日) 10:00~ 男子・決勝
2/4(日) 14:30~ 女子・決勝

☆速報:

出場チーム

中部電力 北海道銀行
札幌国際大学 札幌CA
名寄協会 青森Jr
富士急 Karuizawa
チーム広島

日本カーリング選手権2018 概要

日程:1/292/4

開催地:北海道名寄市

場所:道立サンピラーパーク交流館カーリングホール

競技:予選は9チームラウンドロビン(総当たり)、上位4チームが決勝トーナメントへ。

Embed from Getty Images見所・展望中部電力代表決定戦LS北見に敗れたが、急成長しているチームである。スキップの松村千秋、サードの清水絵美(主将)が中心。LS北見との対戦で大活躍した若手のセカンド北澤育恵、リードの石郷岡葉純と各ポジションに強い選手を擁している。2017年の日本カーリング選手権の優勝チームでもある。
Embed from Getty Images
優勝候補・中部電力の最大のライバルになるのが、北海道銀行である。昨年度は準決勝で敗れているが、五輪出場の経験豊富なスキップ小笠原歩を所属している。その他、セカンドの小野寺佳歩、リードの近江谷杏菜、船山弓枝、吉村紗也香ら力がある選手がそろう。

この2チームに続くのが、20174強の一角、富士急である。スキップの小穴桃里、西室淳子などが所属している。

今大会の優勝チームは世界選手権の切符を得ることができるだけに、白熱したプレーが期待される。

2017日本カーリング選手権女子・結果

LS北見チーム名鑑

スポンサーリンク





日程&試合結果

1/29 12:20 

中部電力6-3富士急

北海道銀行9-1青森Jr

1/29 20:00

中部電力8-4札幌国際

北海道銀行11-2広島

1/30 12:20

中部電力7-2Karuizawa

北海道銀行9-4札幌国際

1/30 20:00

北海道銀行4-5中部電力

10 E
北銀  0  0  0  0  1 0  1  0  1  1 0
中部  0  0  2  0  0  1 0  1  0  0 1

1/31 12:20

中部電力5-2名寄協会

北海道銀行7-6富士急

1/31 20:00

北海道銀行6-3名寄協会

2/1 12:20

中部電力7-2札幌CA

北海道銀行8-7Karuizawa

2/1 20:00

中部電力8-3広島

2/2 12:20

中部電力3-4青森J

北海道銀行7-2札幌CA

2/3 9:30(決勝トーナメント)

中部電力6-7北海道銀行

10 T
北銀 0 0 2 0  2 0 0  2  0 1 7
中部 0 0  0 3  0 2 0  0  0 0 6

富士急7-6青森Jr

2/3 15:00(準決勝)

中部電力5富士急

10 T
中部  0  1 1 0  0  1  1  0 1 × 5
富士  0  0  0  3  3 0  0 3 0 × 9

2/4 14:30~(決勝)

北海道銀行3富士急

10 T
北銀  0 0 2 0  0  0  0 1 0 0 3
富士  0  0  0 1  1  0 0  0 1 2 5

予選順位

1:中部電力(7勝1敗)

2:北海道銀行(7勝1敗)

3:富士急(6勝2敗)

4:青森Jr(5勝3敗)

5位:Karuizawa(4勝4敗)

6位:札幌国際(3勝5敗)

7位:札幌CA(2勝6敗)

8位:名寄協会(1勝7敗)

9位:チーム広島(1勝7敗)

カーリング・トップ