錦織 8/12-ウェスタン&サザン2018
8/14~卓球ブルガリアOP2018
8/18~バドミントン アジア大会
8/25~陸上 アジア大会
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 8/6~ロジャーズ・カップ2018
ドロー: 8/12~ウエスタン&サザン2018
ドロー: 8/27~全米OP2018
陸上・アジア大会: 8/25~注目競技の日程
バドミントン 2018スケジュール
バドミントン・アジア大会: 8/19~女子団体戦
バドミントン・アジア大会: 8/19~男子団体戦
バドミントン・アジア大会: 8/23~女子シングルス
バドミントン・アジア大会: 8/23~女子ダブルス
バドミントン・アジア大会: 8/23~男子シングルス
卓球: 8/14~卓球女子・ブルガリア2018
卓球: 8/14~卓球男子・ブルガリア2018
卓球: 8/21~卓球女子・チェコ2018
卓球: 8/21~卓球男子・チェコ2018
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報5/4男子・世界卓球2018 準々決勝 日本VS韓国

男子・世界卓球2018 準々決勝 日本VS韓国

試合日時:5月4日(金)21:30~

放送日時:5月4日18:59~※テレ東

※Paravi(有料サービス)でLive配信

水谷、丹羽、張本らでのぞんでいる世界卓球2018。日本代表は予選を突破し、準々決勝にコマをすすめています。準々決勝は韓国と対戦ですが、試合を速報で更新していきます。

張本2-3鄭栄植/53位
15-17/11-6/11-9/3-11/9-11
水谷3-2李尚洙/8位
11-9/11-13/11-3/12-14/11-7
松平1-3張禹珍/41位
9-11/11-9/9-11/7-11
水谷0-3鄭栄植/53位
5-11/8-11/7-11

男子・世界卓球2018 結果、選手、テレビ放送

速報

日本1-3韓国

1張本2-3鄭栄植/53位

1張本15-17鄭栄植

張本11-6鄭栄植

張本11-9鄭栄植

4張本3-11鄭栄植

5張本9-11鄭栄植

メモ:日本の1番手は14歳の張本…互いにチキータの使い手…鄭栄植は無敗できている。高速卓球を得意としている…

1セットはデュースにもつれたが張本が逆転されて落とした…

2セットは序盤、張本、得意のバックハンドを決めるなどリード…張本が雄たけびを上げながらリードを広げる、鋭い反応を見せる…最後は相手のサーブミス

3:張本が1本目からロングサーブで仕掛ける…張本は得意のバックハンドが好調、ほとんどミスがない…バックハンドをコースに打ち分ける張本…追い込まれた鄭栄植が粘りを見せる…しかし、最後は張本がレシーブでエース

4鄭栄植が中盤でリード、張本のフォアサイドが狙われている…張本のプレーに勢いがなくなりミスが続く…最後は3球目攻撃、鄭栄植がフォアでエース

5序盤から競った展開が続く…鄭栄植は張本にリズムに乗らせないよう間を使う…どちらも譲らず中盤戦へ…張本が8-7とリードしたところで韓国がタイムアウト…張本が仕掛けたロングサーブに対し、鄭栄植が読んでカウンター…鄭栄植がMPを握る…最後は張本のチキータレシーブがアウト、思わず倒れこむ。鄭栄植のストップからのツッツキが効果的だった。

スポンサーリンク




2水谷3-2李尚洙/8位

水谷11-9李尚洙

2水谷11-13李尚洙

水谷11-3李尚洙

4水谷12-14李尚洙

水谷11-7李尚洙

メモ:日本の2番手はエース水谷、この大会5勝1敗。試合を進めながら相手の弱点に対応するスタイル…対するは韓国最上位の李尚洙。パワータイプの選手でエース格。

1パワーを誇る李尚洙が思い切りよいプレーで、勢いある攻めを見せる…一方の水谷は緩急を使いながら、多彩な攻めを見せて互角の展開…終盤に水谷はうまく台上プレーに持ち込む…最後は水谷がバックハンドでポイント

2序盤は強打攻勢で李尚洙がリード…少しでも浮くと李尚洙のパワーヒットが飛んでくる…水谷はナックルフリックなどを効果的に使い6-10から追いつく…しかし、最後は李尚洙が強打でポイント

3水谷がリードして進む…迷いが出た李尚洙にイージーなミスが続く…水谷が中盤から8連続ポイント、攻勢をかけ最後はフォアを振りぬいた…水谷が打ち負けず強打で勝った。レシーブでのポイントは100%。

4勢いづいた水谷が序盤から8連続ポイント…動揺する李尚洙は戦術も見いだせず一方的になる…しかし、追い込まれた李尚洙は思い切りよくなり6連続ポイント、水谷が受け身に回る…水谷が8-0としながらも追いつかれて10-10…最後は李尚洙がフォアを打ち抜いて大逆転…

5水谷は前陣で勝負をかける…序盤からシーソーゲームの接戦…李尚洙の凡ミスなどもあり中盤で水谷がリード…勝負どころでのラリーやレシーブで水谷が良いプレー…最後はフォアのクロスが決まった。

3松平1-3張禹珍/41位

1松平9-11張禹珍

松平11-9張禹珍

3松平9-11張禹珍

4松平7-11張禹珍

メモ:3番手の松平は両ハンドとも得意だが特にバックハンドに優れる。またブロックも得意としている。男子でしゃがみこみサーブを使う数少ない選手…張禹珍はフットワークが良い選手で、ジュニア時代に活躍。

1終盤まで接戦になったが、最後は松平のレシーブが浮き張禹珍に打ち込まれた…

2松平が得意のバックハンドのライジングでリードする…しかし、中盤で松平が受けに回ってしまい反撃を許す…逆転された松平がしゃがみ込みサーブを2連続で決めると流れが変わった…最後は松平がサーブポイント

3松平がわずかにリードする展開…中盤でしゃがみこみサーブを使うが破られて同点7-7…最後まで競ったが、松平がバックをネットにかけてゲームを落とした…

4松平に思い切りのよいプレーが出てリード…しかし、リードして守備的になると反撃を許して逆転される…最後は松平のブロックがネット

4水谷0-3鄭栄植/53位

1水谷5-11鄭栄植

2水谷8-11鄭栄植

3水谷7-11鄭栄植

メモ:後がない日本はエース水谷…対するは初戦に勝利している鄭栄植。強力なフォア、鋭いバックを持つ。水谷にとっては相性が良くない相手…

1鄭栄植が得意のカウンターを決めるなど中盤でリードを広げる…最後はサーブからの3球目を水谷がミスヒット

2鄭栄植が開始から3連続ポイント、鋭いバックに水谷が苦戦…そのあともリードしてゲームが進む…終盤で水谷が追い上げるが…しかし、最後は水谷がラリーで下げられてネット

3後がない水谷がフォアの打ち合いに挑む場面も…鄭栄植の勢いが止まらず、水谷が劣勢…やや精彩を欠く水谷は、最初の試合の疲れもあるのか…5-10と追い込まれる…最後はラリーに打ち負けて日本が敗退…

☆卓球トップページ

☆卓球 2018スケジュール