錦織 3/20~マイアミ・テニス
4/2~バドミントン マレーシア
3/16~世界女子カーリング
3/26~卓球カタール
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 3/7~BNPパリバOP2019
ドロー: 3/20~マイアミOP2019
バドミントン 2019日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
カーリング: 3/17決勝 藤澤VS鈴木
カーリング: 3/12~日本ミックス
カーリング女子: 3/16~世界選手権
カーリング:
バドミントン: 3/10決勝:桃田VSアクセル
バドミントン: 3/10決勝:松本・永原
卓球女子: 3/26~カタール
卓球男子: 3/26~カタール
バドミントン マレーシア: 4/2~男子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子シングルス
バドミントン マレーシア: 4/2~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~女子シングルス
バドミントン 全英: 3/6~女子ダブルス
バドミントン 全英: 3/6~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報3/4ジャンプ女子ワールドカップ2018 ルシュノブ大会 高梨沙羅の勝利は!?(代替大会)

ジャンプ女子ワールドカップ2018

ski-jumping

tpower1978

放送日時:3/4(日)17:20-NHK・BS1・サブ102

※バレーの試合が延長のため、放送時間が変更

録画放送:3/5(月)9:00-NHK・BS1

場所:ルシュノブ(ルーマニア)

2017-2018シーズン、個人での初優勝を目指す高梨沙羅伊藤有希平昌五輪では高梨が3位に入り、メダルを獲得しています。ワールドカップが再開しましたが、3月3日の大会では高梨は7位におわりました。

今大会は第6戦、第7戦が雪不足で中止になったため代替えで行われる大会ですが、速報します。

速報:五輪 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦

第6戦  第8戦 第9戦 第10戦 第11戦

第12戦 第13戦 第14戦 第17戦

代替:ルシュノブ3/3

高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール

高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール

速報

Embed from Getty Images
ヒルサイズ:97m

K点:90m

ヒルレコード:102.0m(ルンビュ)

メモ:最大のライバルとなるのは、ピョンチャン五輪・金メダルのルンビュ(ノルウェー)になります。持ち前の優れたフィジカルに加え、今季は技術力も向上、今期は優勝をかさねています。総合優勝まであと1勝となっています。

さらに、ピョンチャン五輪で銀メダルのアルトハウス(ドイツ)も強力な選手です。高梨のフォームを完全にコピーしているとも言われ、スピードがあり非常に安定感があります。

その他、実績豊富なフォークト(ドイツ)、復活優勝をとげたベテランのシュトルツ(オーストリア)、急成長中のアバクモワ(ロシア)が有力選手です。

最終順位

rasnov2018-substitute-second-time-march4

スポンサーリンク





rasnov2018-substitute-second-time-march4

1回目

メモ:競技はスタートしています…ルンビュは優勝すると総合優勝が決まります…

8番:岩佐は79.5m、この時点で5位。

15番:モラは81.0m、この時点で8位。

26番:シュトルツは88.0m、この時点で1位。

27番:勢藤は89.0m、この時点で6位。テレマークが入らず…

28番:シュトラウプは95.5m、この時点で1位。風をとらえた。

29番:岩渕は88.0m、この時点で6位。テレマークは入らず…

30番:ザイファルトは89.0m、この時点で2位。

33番:KRIZNARは91.0m、この時点で1位。

34番:ヘルツルは83.5m、この時点で14位。前傾がかけられず…

35番:フォークトは90.0m、この時点で2位。若干タイミングが遅れた…

36番:アバクモワは88.0m、この時点で4位。

37番:伊藤は82.5m、この時点で22位。タイミングが遅れ、空中で揺れて失敗。

38番:高梨は93.5m、この時点で2位。空中で動かず伸ばした。

39番:アルトハウスは94.0m、この時点で1位。

40番:ルンビュは100.0m、1回目の1位。ビックジャンプ。

2回目

6番伊藤は89.0m、この時点で1位。2回目は修正した。

14番:勢藤は80.0m、この時点で9位。タイミングが遅れて沈んだ。

16番:岩渕は87.0m、この時点で3位。

22番:シュトルツは94.0m、この時点で1位。良いジャンプを見せた。

23番:ザイファルトは87.5m、この時点で2位。

24番:アバクモワは91.0m、この時点で2位。

25番:シュトラウプは81.0m、この時点で8位。

26番:フォークトは90.0m、この時点で1位。

27番高梨は89.5m、この時点で1位。低い飛び出しになった。

28番:KRIZNARは93.5m、この時点で1位。鋭いジャンプを見せた。初めての表彰台を確定。

29番:アルトハウスは92.0m、この時点で1位。

30番:ルンビュは97.0m、1位を確定。テレマークも入れた。今季8勝目、W杯の総合優勝も決めた。

※スタート順