バドミントン・ファイナル 12/17決勝-山口茜18:50頃、福島・廣田VS田中・米元20:30頃
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は決勝17:00 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第5戦は12/17 23:30 ~
スポンサーリンク

速報1/9ジャンプ女子ワールドカップ2017 第6戦 オーベルスドルフ大会 好調の高梨沙羅、伊藤有希ら日本勢の活躍は!?

ジャンプ女子ワールドカップ2017 第6戦


Maciej Zytniewski

放送日時:1/9(日)午前0:15~(NHK・BS1でLive)
※1/9午前7:00~録画放送もあり(NHK・BS1)
場所:オーベルスドルフ(ドイツ)

2016年は、開幕から5戦して4勝と好成績を残している高梨沙羅。ラージヒルでは、いかんなくその強さを発揮しています。また、日本勢もラージヒルで好調、伊藤有希は第5戦で3位に入っています。 第6戦を速報します。

高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール

速報

ヒルサイズ:137m

K点:120.0m

ヒルレコード:132.0m(アヴバクモワ)

メモ:日本からは高梨沙羅、伊藤有希、勢藤優花、岩渕香里が出場。高梨のライバルとなるのは、イラシコ・シュトルツ(一昨年のW杯王者)、フォークト(ソチ金メダル)、ルンビュ(第3戦優勝)、アブバクモワ(第5戦2位)など。

トップ10

ski jump results ski jump results

日本勢

ski jump results

1回目

雪が降る中でスタートです…

第5戦はラージヒルを飛び慣れている日本勢に対し、慣れていない海外勢が苦戦していました…

雪がかなり降り出しています

24番岩渕は高い飛び出しも伸びず…112.0m、この時点で3位。

26番ヘルツルは111.0m、この時点で4位。

27番勢藤は向かい風でスタート、後半に粘って伸ばしました…121.0m、この時点で2位。

30番フォークトは117.5m、この時点で4位。

31番サラ・ヘンドリクソンは115.5m、この時点で5位。

32番マヤ・ブティッツは107.0m、この時点で13位。

雪が降りしきり視界が悪くなっています

33番エマは127.5m、この時点で1位

34番アルトハウスは120.0m、この時点で5位。

35番ルンビュは121.5m、この時点で3位。

スタートゲートが2段下がり、15段になります

36番アヴバクモワは112.5m、この時点で9位。

37番ザイフリーズベルガーは失敗、94.0m、この時点で29位。

38番シュトルツは117.0m、この時点で2位。

39番伊藤は108.0m、この時点で11位。

雪のため気象コンディションが悪い状況です…

40番高梨は追い風でスタート、着地でややバランスを崩しました、124.0m…この時点で1位。

2回目

1回目、後半は雪が激しく降り、視界が悪い状況…カメラマンが選手を見失うほどです…

また着地でバランスを崩す選手もおり、危険度も増しています…

2回目は、雪が小ぶりになって、コンディションが落ち着きました…

16番ヘルツルは121.0m、この時点で1位。

17番岩渕はふわりと高い飛び出しも、最後に失速、110.5m、この時点で3位。2回目がうまくいきません…

19番伊藤はK点越え、128.0mとビックジャンプ…この時点で1位。

20番アブバクモワも距離を伸ばして124.5m、この時点で1位。

21番サラ・ヘンドリクソンはミス、102.5m、この時点で7位。

22番フォークトは113.5m、この時点で3位。

23番アルトハウスは伸びず…111.0m、この時点で5位。

24番勢藤は風があまりない中で伸びず…109.5m、この時点で6位。

25番ビュルトは112.0m、この時点で3位。

26番ルンビュは攻める姿勢はあるも114.0m、この時点で3位。

雪が強く降り出しました

27番イングランドは105.0m、この時点で9位。

28番シュトルツは117.5m、この時点で3位。

29番エマは115.5m、この時点で1位。

30番高梨はビックジャンプ、129.0m、2本そろえて圧倒の優勝! 他の選手が追い風に苦しむ中、もろともしませんでした!