錦織 次は7/30-シティOP2018
7/17-卓球 韓国OP2018
7/30~世界バドミントン
スポンサーリンク

バーナード・トミック オーストラリア・期待の逸材 選手名鑑

10代にしてウィンブルドン・ベスト8という好成績をおさめた選手が、バーナード・トミックです。大いに期待されていた若手選手です。
しかし、近年はテニスの情熱を失った発言、コート外での問題などもあり、低迷している状況です。
このページでは、トミックの選手名鑑を掲載しています。

※2017年9月更新

選手名鑑

バーナード・トミック

Bernard Tomic

Bernard Tomic / Steven Pisano

オーストラリア(出生はドイツ) 

196㎝/91kg 

1992年10月21日生まれ 

右利き・両手打ち 

現在のランキング:146位 

今季成績:9勝16敗

プロ転向:2008年

7歳からテニスを始める。

父はクロアチア、母はユーゴスラビア出身。 

ATP250シリーズで、3勝をあげている。

妹のサラもテニス選手。 

ジュニア時代からオーストラリアを背負う逸材として期待されていた選手。 

多彩なショットを持ち、技巧派ながら、老獪な駆け引きにも長ける。 

大きな武器は、広角に打つことができるフォアハンドである。また、バックハンドスライスも得意としており、相手に強打を打たせないような球筋を持つ。

ストローク戦では、緩急を使いながら、チャンスではカウンター、広角度のアングルショットでポイントを奪いにくる。

課題は若さゆえのメンタル面で、オフコートも含め、何かと問題を起こしている選手で、デビス杯のメンバーから外されたこともある。

ジョコビッチとは仲が良く、エキシビジョン、練習などを行うことがある。

四大大会の最高成績は、10代で勝ち進んだ2011年のウィンブルドン・ベスト8。2015年は全豪OPで4回戦進出が最高、2016年も全豪OPでは4回戦進出。

対戦成績は、錦織の2勝2敗。直近の対戦であるブリスベン国際2016では、6-3、1-6、6-3でトミックが初勝利をあげた。錦織にとっては、2016年の初黒星となった。2016年序盤はトップ20に入っていたが、その後に低迷。2017年はトップ100からも陥落している。

☆選手名鑑 トップページ
☆錦織圭&テニス→トップページ(準備中)