スポンサーリンク

ダニエル太郎 ダビド・フェレールとも練習していたスペイン育ちの未完の大器

日本とアメリカのハーフであるダニエル太郎は、スペインのアカデミー育ちという日本では珍しい経歴になります。まだ、線は細さがありますが、これからフィジカル面も上昇していけば、恵まれた体格を生かしたダイナミックなプレーができる可能性を持つ選手です。

過去にはトッププレーヤを破ったこともあり、その片鱗は見せています。アカデミーではダビド・フェレールとも練習したこともあるという未完の大器は、これから大きな花を咲かすことができるのでしょうか!?

※2017年9月更新

選手名鑑

ダニエル太郎

daniel taro

Carine06

国籍:日本 

アメリカ・ニューヨーク生まれ 

1993年1月27日生まれ(24歳) 

190㎝/76kg 

右利き・両手打ち 

現在、ランキングは121位

今季成績:4勝8敗

所属:エイブル 

父はアメリカ人、母は日本人。 

7歳でテニスを始める。 

14歳の時に名古屋から、スペインに移住し、バレンシアアカデミーでテニスに取り組む(この学校にはダビド・フェレールも所属している)。 

2010年にプロ転向。 

2012年~2013年にスペインF15フューチャーズで優勝するなど4勝。 

2014年はチリOPで、トマス・ベルッシ(最高21位)、フェデラーを破った経験を持つフェデリコ・デルボニス(最高34位)といった実力者を破って、ベスト8入りをはたした。 

4月には念願のデビス杯に日本代表として出場し、チェコ代表と戦った。 

この年の全米OPでは、見事に本戦出場をはたした。 

2015年にはヴェルチェッリ・チャレンジャーで優勝して、チャレンジツアー初優勝を遂げた。また、念願のトップ100入りをはたしている。

2015年のデビス杯プレーオフのコロンビア戦では、日本代表に選ばれる。試合は2番手で出場して1勝1敗。粘り強いプレーで、ワールドグループ残留に貢献している。 

13歳までを日本で育ち、その後、スペインに渡った。そのため、日本語、英語、スペイン語を操れる国際派である。 

スペインのクレーコート育ちらしく豊富なスタミナと粘り強いストロークが特徴である。 

憧れの選手は万能という理由で、ロジャー・フェデラーである。 

スペインのアカデミーでは、人生最後の一球というように全力でプレーするフェレールとも練習していた。 

アカデミーでは主に所属していたロシア人との練習が多く、ロシア語もできるようになったという。 

趣味は映画観賞で、見終わった後に自分の意見を書くほどである。 

多くの大会に出て経験を積むこと、打球スピードを上げること、筋力や体重を増やすことなどを課題に挙げている。 

錦織とは食事に行くことがある。

☆テニス選手名鑑
☆錦織、テニス情報が満載→トップページ