スポンサーリンク

ジレ・ミュラー ルクセンブルク・ナンバー1 ベテラン・レフティー 選手名鑑

ルクセンブルク・ナンバー1にして、ベテランプレイヤーがジレ・ミュラーです。 レフティから放つ強力なサーブを軸に、ネットプレーも多用するプレイヤーです。このページでは、ミュラーの選手名鑑、プレースタイルを記載しております。

※2017年9月更新

選手名鑑

ジレ・ミュラー

Gilles Müller

si.robi

国籍:ルクセンブルク

193cm/92kg

1983年5月9日生まれ(33歳)

左利き・両手打ち

プロ転向:2001年

現在のランキング:23位

今季成績:32勝17敗

全米ジュニアで優勝経験がある。

四大大会の最高成績は、2009年の全米OP・ベスト8。2016年は全豪、全英の2回戦が最高。

2016年はベルディヒ(10位)、フェレール(19位)、イズナー(27位)を破っている。

2017年はアピア国際(250)で優勝。

レフティから放つ、強力なサーブを武器とするプレイヤー。

また、1stだけでなはく2ndサーブでも、サーブ&ボレーなど、頻繁にネットプレーを行う選手である。

スピーディーなプレーを好み、相手の時間的な余裕を崩してくる。

機動力に難がありストローク戦は得意ではないが、その分、思い切りの良い攻撃を仕掛けてくる。

1試合のサービスエースの奪取率が高いのが特徴である。

「早いサーフェスでは難しい相手」とは、ジョコビッチ評である。

対戦成績は、錦織の4勝0敗

スイス・インドア2016では、準決勝で錦織と対戦するも敗れた。ミュラーは準決勝のデルボニス戦で、25本のサービスエース、45本のウィナー、31本のネットプレーを成功させている。

☆テニス選手名鑑 トップページ
☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ