バドミントン・ファイナル 2017山口、田中・米元が優勝
卓球ファイナル 12/17-伊藤・早田は準優勝 2108 錦織のスケジュールを掲載 ジャンプ女子・第6戦は1/6 20:55~
スポンサーリンク

ダンテ・ボッティーニ 錦織を支えるコーチ

2011年より錦織のコーチに就任し、躍進をささえてきたのがダンテ・ボッティーニです。このページでは、常にスタンドから視線を送る錦織のコーチ、ダンテ・ボッティーニについて掲載しています。

人物名鑑

ダンテ・ボッティーニ

Embed from Getty Images

アルゼンチン出身 

元プロテニス選手で、フューチャーズ、チャレンジャー大会を中心に出場していた。

1996年から2001年までプロとして活動した。

最高ランキングは827位(ダブルスは380位)。

引退後は、IMGアカデミー(ニック・ボロテニー・テニスアカデミー)のコーチに就任。ここで、錦織と出会っており、ヒッティングパートナーを務めた。

その後、2011年より錦織の要請を受けてコーチとなる。 

錦織の試合すべてに同行するフルタイムコーチである。 

イージーゴーイング(楽観的な)タイプの指導者であり、錦織との相性が良いと言われる(錦織は楽観的なタイプを好む)。

錦織とはオフに食事をするなど、良い関係を築いている。

ダンテ・ボッティーニは錦織を評して「他の小柄な選手に比べ、早くボールを打つことができる。ショットを打つ時のタイミング、バランス、ポジショニングが良く、素晴らしい才能を持っている。これは、素質によるもので、練習では身に付けられない」と語っている。

後に伸び悩んだ錦織は、マイケル・チャンをコーチ陣に加え、二人体制を組むことになった。

結果、口うるさく厳しいマイケル・チャンと、前向きなアドバイスを送るダンテ、この組み合わせがうまく行って、錦織は全米OP2014で準優勝、2015年は最高で4位にランキングするなど、飛躍を遂げたのであった。

☆テニス選手名鑑(コーチ) トップページ
☆錦織、テニス情報が満載→トップページ