錦織 11/11~ファイナルズ ドロー決定
11/14~バドミントン 香港
12/5~カーリング LS北見
11/6~卓球 オーストリア
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
バドミントン: 11/11 決勝 桃田VS周天成
速報: 11/25クイーンズ駅伝2018
速報: 10/21プリンセス駅伝2018
ドロー: 11/11~テニス・ファイナル2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 11/3~パシフィックアジア
LS北見: 12/5~W杯
卓球: 11/6~女子 オーストリア2018
卓球: 11/6~男子 オーストリア2018
バドミントン・香港: 11/13~女子シングルス
バドミントン・香港: 11/13~女子ダブルス
バドミントン・香港: 11/13~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報5/16イタリア国際2018 2回戦 錦織圭VSグリゴール・ディミトロフ(ローマ・マスターズ)

イタリア国際2018・2回戦

錦織2-1ディミトロフ

第1:錦織6-7ディミトロフ

第2:錦織7-5ディミトロフ

第3:錦織6-4ディミトロフ

試合日時:5月16日20:30~21:00頃(NHK・BS1で22:00~、GAORAは21:30~)※第2試合

1回戦でベテランのF・ロペス(30位)にストレートで勝利した錦織圭。2回戦は第3シードの強豪、G・ディミトロフ(ブルガリア・4位)との対戦になります。2回戦も速報でお知らせしていきます。

イタリア国際2018 ドロー

速報

tennis

試合前メモ:錦織の2回戦は、26歳のディミトロフとの対戦となった。

ディミトロフは188cm、右利き、片手打ちで、かつてはベビーフェデラーと呼ばれてた。サーブ、ストローク共に強力なオールラウンダーだ。2017年はシンシナティ・マスターズ、ファイナルを制すなど、いかんなその実力を世界に示した。ちなみに、シャラポワと付き合っていたことでも有名な選手だ。

ツアー対戦成績は、錦織の3勝1敗となっているが、この数字は当てにできない強力な相手である。

スポンサーリンク




マッチサマリー

internazionalibnlditalia2018-secondround-nishikori-dimitrovl

トータルポイント

錦織107-107ディミトロフ

ネットプレー

錦織:17/21

ディミトロフ:13/21

観戦メモ:クレー初対決…トータルポイントが示すように両者が譲らないタフマッチとなった。

特に終盤での激しい攻防は、観客の心をつかみ大きな声援が両者に送られた。錦織がタオルで汗をふくたび、コートのすぐ近くのイタリアの青年が鼓舞するような熱い声援をおくっていたのが印象的な素晴らしい試合だった。

第1セットはサービスゲームが安定した錦織が先にブレークするが、追い詰められたディミトロフが積極的な仕掛けから巻き返した。

第2セットは錦織が先にブレークを許して苦しい展開、しかしあきらめずに粘るとストローク戦で優位に立って巻き返しに成功した。

第3セットも錦織が先にブレークを許す苦しい展開。しかし、諦めず粘り強いプレーを続ける錦織が逆転。気力、体力の充実ぶりが光る試合だった。

1:錦織は1stサーブの入りが安定、エラーもおさえてサービスキープにつながってる…ディミトロフは220キロをこえるサーブを使う、アンフォーストエラーが多い…ラリーが多い消耗戦…

2:1stサーブのはいりが良いディミトロフは、サーブの威力もおとろえない…錦織は1stサーブの入りが悪い…

3:両者譲らない中、疲労が色濃くなる…そんな中でも素晴らしいラリーが続き、大きな歓声がたびたび起きている…

第1セット:錦織6-7ディミトロフ

第1ゲーム:0-1ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフのサーブで開始

0-15、0-30、0-40、

第2ゲーム:1-1錦織がキープ

15-0、30-0、30-15、40-15、40-30、

第3ゲーム:1-2ディミトロフがキープ

0-15、15-15、15-30、15-40、30-40、

第4ゲーム:2-2錦織がキープ

0-15、15-15、30-15、40-15、

第5ゲーム:3-2錦織がブレーク

メモ:錦織が40-0と大きなチャンスも、ディミトロフがサーブでしのぐ…最後はラリーに持ち込み錦織がうまく攻めて動かし、ディミトロフのネットを引き出した…

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、40-40、A錦、

40-40、A錦、40-40、A錦、

第6ゲーム:4-2錦織がキープ

メモ:錦織がラリー戦で優位に進めた…

15-0、15-15、30-15、40-15

第7ゲーム:4-3ディミトロフがキープ

モ:ディミトロフのサービスエース、バックのウィナーなど強打がさえた…

0-15、15-15、15-30、15-40、

第8ゲーム:5-3錦織がキープ

メモ:錦織のサーブが安定、キープに成功

0-15、15-15、30-15、40-15、40-30、

第9ゲーム:5-4ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフがサービスをキープ

0-15、15-15、15-30、15-40、30-40、

第10ゲーム:5-5ディミトロフがブレーク

メモ:ディミトロフが3連続得点で大きなチャンス、積極的な仕掛けが功を奏す。このゲーム初のブレークチャンス…最後もラリーで深いショットで攻めて、ディミトロフがフォア・ウィナー

0-15、0-30、0-40.

第11ゲーム:5-6ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフがサーブを中心にテンポよくキープ

0-15、0-30、0-40

第12ゲーム:6-6錦織がキープ

メモ:錦織がロングラリーを制するなど、踏ん張ってキープ

15-0、15-15、30-15、40-15、

タイブレーク:6-7ディミトロフが制す

メモ:今季、タイブレークの奪取率が非常に高いディミトロフ…微妙なジャッジに対しディミトロフが激しく抗議…互いに点を取りあう緊迫した展開…終盤でディミトロフがポイントを重ねる…最後は錦織のショットがネット

0-1、1-1、2-1、2-2、3-2、4-2、4-3、4-4、4-5、4-6、4-7

第2セット:錦織7-5ディミトロフ

第1ゲーム:1-0錦織がキープ

メモ:最後は錦織がドロップショットを決めてキープ

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30

第2ゲーム:1-1ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフにDフォルト…しかし、最後はサービスポイントでキープ

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、

第3ゲーム:2-1錦織がキープ

メモ:ディミトロフがリターンで攻めるなどリード…しかし、錦織が踏ん張った…

0-15、0-30、15-30、30-30、40-30、

第4ゲーム:2-2ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフが勝負所でボレーを決めるが…錦織もバックのウィナーで得点…最後は錦織のバックがネット

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、40-40、Aデ

第5ゲーム:3-2錦織がキープ

メモ:錦織がリードしてキープに成功

0-15、15-15、30-15、40-15、40-30、

第6ゲーム:3-3ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフのサーブ好調、エースを重ねた…

0-15、0-30、0-40、

第7ゲーム:3-4ディミトロフがブレーク

モ:ディミトロフがポイント先行、錦織のバックがアウトになりピンチ…最後はラリーから錦織のフォアがアウト

15-0、15-15、15-30、15-40、

第8ゲーム:4-4錦織がブレーク

メモ:ディミトロフが226㎞のサーブを出すなど威力は衰えず…一方の錦織はラリーに持ち込んでポイントする…互いに譲らない展開も、最後は錦織のバックのダウンザライン・ウィナー、仕掛けた錦織のストロークが伸びていた…

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、40-40、A錦、

40-40、A錦、

第9ゲーム:5-4錦織がキープ

メモ:錦織がスムーズにキープ

15-0、30-0、40-0、

第10ゲーム:5-5-ディミトロフがキープ

メモ:錦織が良いネットプレーで観客をわかせるも、ディミトロフが譲らずにキープ

0-15、15-15、30-15、30-30、30-40、

第11ゲーム:6-5錦織がキープ

メモ:再びネットプレーで観客をわかせた錦織、見事なハイボレーを決める…最後はサービスエース

15-0、15-15、15-30、30-30、40-30、

第12ゲーム:7-5錦織がブレーク

メモ:錦織がラリー戦を支配、大きなチャンス…最後はラリーでディミトロフがミス、フォアがアウトになり錦織がブレーク

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第3セット:錦織6-4ディミトロフ

第1ゲーム:1-0錦織がキープ

メモ:錦織がショートポイントを重ねた…

15-0、30-0、40-0、

第2ゲーム:1-1ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフのサーブがさえて危なげなくキープ

0-15、0-30、15-30、15-40、

第3ゲーム:2-1錦織がキープ

メモ:錦織のネットプレーもさえ、キープに成功

0-15、15-15、30-15、40-15、

第4ゲーム:2-2ディミトロフがキープ

メモ:ディミトロフがサービスエースを重ねた…

0-15、15-15、15-30、15-40

第5ゲーム:2-3ディミトロフがブレーク

メモ:ディミトロフが集中力を高め、粘り強い返球を見せてチャンスを作る…最後はラリーで錦織が打ち負けてネット

0-15、15-15、15-30、30-30、30-40、40-40、Aデ

第6ゲーム:2-4ディミトロフがキープ

メモ:気合の入ったディミトロフが良いサーブを決めるなどキープ

15-0、15-15、15-30、15-40、

第7ゲーム:3-4錦織がキープ

メモ:互いに疲労が見えるが、錦織が踏ん張った…

15-0、30-0、30-15、30-30、40-30、

第8ゲーム:4-4錦織がブレーク

メモ:少し足を気にする錦織…微妙な判定に錦織が強く抗議…錦織がボレーを決めてブレークチャンス…最後はラリーで錦織が回り込みからのフォアでしかけてポイント

15-0、15-15、30-15、30-30、40-30、40-40、A錦、

第9ゲーム:5-4錦織がキープ

メモ:錦織のショットがアウトになりピンチ…ロングラリーでディミトロフが転倒するも立ち上がってプレーを続けた、錦織がウィナーを決め両者に大きな歓声…最後はラリーで錦織が攻めきった…

0-15、15-15、15-30、30-30、30-40、40-40、A錦、

第10ゲーム:6-4錦織がブレーク

メモ:ディミトロフにプレッシャーがかかるゲーム…ディミトロフが深いストロークでウィナーを重ねる…ディミトロフにDフォルト…錦織がリターンエース、ボレーを決めてMPを握る…最後は見事な深いリターンを決めて、錦織が勝利。

0-15、0-30、15-30、15-40、30-40、40-40、A錦、

イタリア国際2018 ドロー

2018 錦織圭の出場大会

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ