錦織 5/27-全仏OP ドロー発表
5/27 15:00-バドミントン トマス杯 決勝
バド 女子 日本が世界一に!
5/22-卓球 香港OP2018
スポンサーリンク

速報5/14イタリア国際2018 1回戦 錦織圭VSフェリシアーノ・ロペス(ローマ・マスターズ)

イタリア国際2018・1回戦

錦織2-0ロペス

第1:錦織7-6ロペス

第2:錦織6-4ロペス

試合日時:5月14日19:00-(NHK・BS1、GAORAで放送)※第1試合

直近のマドリード・オープンでは、苦手ジョコビッチに1回戦で敗れた錦織圭。イタリア国際2018で巻き返しが期待されます。1回戦はF・ロペス(30位)と対戦、試合を速報でお伝えします。

イタリア国際2018 ドロー

速報

tennis

試合前メモ:錦織の1回戦の対戦相手は、スペインのベテラン、36歳のF・ロペスに決まった。世界ランキングは30位、188cm、左利き、片手打ちのプレイヤーだ。

スペインのデビス杯の優勝や、全仏のダブルスでの優勝経験も持つスペインを代表する選手の1人だ。サーブ&ボレーを得意としているビックサーバー。また、バックハンドでのスライスも多用してくる。錦織との直近の対戦は2015年だが、この時はロペスのスライスに苦戦して敗れている。ツアー対戦成績は3勝3敗の五分としている。

スポンサーリンク




マッチサマリー

internazionalibnlditalia2018-firstround-nishikori-lopez

トータルポイント

錦織80-67ロペス

ネットプレー

錦織:5/8

ロペス:8/13

観戦メモ:第1セットは互いに譲らない展開、ほとんどブレークチャンスもなくタイブレークへ…一度は追い詰められた錦織だったが、勝負強さを発揮して逆転してものにした。

これで勢いに乗ると、第2セットもいきなりブレークに成功、一気に流れにのったかに見えた…しかし、ベテランのロペスは気迫のプレーで第6ゲームにブレークバック。それでも、錦織は落ち着いており、第7ゲームにもブレークに成功、勝利をものにした。

錦織はロペスのバックスライスに対しても、打ちすぎずに着実に対応した。サービスゲームが安定しており、アンフォーストエラーを抑えたことが勝因の一因だろう。

第1:出だし好調の錦織、ベースライン上でプレー、ストロークで良い組み立て、攻めを見せている…ロペスは得意のビックサーブを軸にサービスキープを続けている。試合が進むにつれ得意のネットプレーでも得点…サービスが好調で譲らない展開はタイブレークへ…タイブレークでは錦織が勝負強さを発揮した。

第2:ロペスの1stサーブに対しても、錦織がリターンできる場面が増える…ロペスは1セット目に比べるとフットワークがやや落ちている印象、しかし変わらず粘り強さと気迫を見せている…

第1セット:錦織7-6ロペス

第1ゲーム:1-0錦織がキープ

メモ:錦織のサーブで開始…ドロップショットやフォアの逆クロス・ウィナーを決めるなど錦織が出だし好調…

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第2ゲーム:1-1ロペスがキープ

メモ:ロペスの得意のビックサーブは210kmを記録、錦織がサーブの対応に苦しむ…ラリーになると錦織も得点できている…最後はサービスエース

0-15、0-30、0-40、15-40、30-40、

第3ゲーム:2-1錦織がキープ

メモ:威力あるショットで押している錦織…スムーズにキープ

15-0、30-0、40-0、40-15、

第4ゲーム:2-2ロペスがキープ

メモ:ロペスのサーブ&ボレーを破って錦織が最初のBP…しかし、ロペスが3連続のサービスエースでしのいだ…

15-0、15-15、15-30、30-30、40-30、40-40、Aロ

第5ゲーム:3-2錦織がキープ

メモ:錦織が左右に振ってロペスのネットを引き出す…錦織が危なげなくキープ

15-0、30-0、40-0、

第6ゲーム:3-3ロペスがキープ

メモ:ロペスも快調、最後はサービスエース

0-15、0-30、0-40、

第7ゲーム:4-3錦織がキープ

メモ:錦織が自分の形で攻めれている…最後はサービスポイント

0-15、15-15、30-15、40-15、

第8ゲーム:4-4ロペスがキープ

メモ:ロペスがサーブを軸にポイントを重ねた…

0-15、0-30、0-40、

第9ゲーム:5-4錦織がキープ

メモ:錦織に若干ミスが目立ってきている…1stサーブが入らずピンチになりそうなゲームだったが、要所で錦織の良いプレーが出た…

0-15、15-15、15-30、30-30、40-30、

第10ゲーム:5-5ロペスがキープ

メモ:ロペスがドロップショットを決めるなど危なげなくキープ

0-15、0-30、0-40、15-40、

第11ゲーム:6-5錦織がキープ

メモ:錦織が隙を見せず、ラブゲームでキープに成功

15-0、30-0、40-0、

第12ゲーム:6-6ロペスがキープ

メモ:ロペスにプレッシャーがかかるゲーム…激しい攻防の末、ロペスが難しいボレーを決めて観客がわく…6度のデュース、ロペスはダブルフォルトもあったがしのいだ…

15-0、15-15、30-15、30-30、30-40、40-40、Aロ、

40-40、Aロ、40-40、Aロ、40-40、Aロ、40-40、A錦、

40-40、Aロ、

タイブレーク:7-6錦織が制す

メモ:ロペスにDフォルト…錦織がリードする展開で進んだが、終盤にミスが重なって逆転を許してピンチ…しかし、もちこたえて錦織がとった。

0-1、1-1、2-1、3-1、3-2、4-2、4-3、4-4、4-5、5-5、6-5、7-5

第2セット:錦織6ー4ロペス

第1ゲーム:1-0錦織がブレーク

メモ:ロペスのサーブで開始…第1セットを落としたロペスは、引きずってややプレーの勢いがない印象…最後は錦織のリターンに対し、ロペスがフォアをミス…

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、

第2ゲーム:2-0錦織がキープ

メモ:ロペスにミスが目立ち、錦織がキープに成功…

15-0、15-15、30-15、40-15、

第3ゲーム:2-1ロペスがキープ

メモ:ロペスが得意のボレーを決めるなどキープ

15-0、15-15、15-30、15-40、30-40、

第4ゲーム:3-1錦織がキープ

メモ:錦織がサービスポイントを重ねてキープ

15-0、30-0、30-15、40-15

第5ゲーム:3-2ロペスがキープ

メモ:ロペスがサービスエースを決めるなどキープに成功

0-15、0-30、15-30、15-40、30-40、

第6ゲーム:3-3ロペスがブレーク

メモ:ロペスがポイント先行…錦織がバックをネットにかけてピンチ…錦織にDフォルト…最後はロペスがスライスでしのぎながら左右に振って、錦織のフォアのアウトを引き出した…

0-15、0-30、15-30、15-40、30-40、40-40、A錦、

40-40、A錦、40-40、Aロ、

第7ゲーム:4-3錦織がブレーク

メモ:ロペスにDフォルトなど錦織がリードしてチャンスを握る…最後はロングラリーの激しい攻防を錦織が制した。しかし、ドロップショットに対してカバーした錦織だったが、2バウンドだった模様で際どい判定になってしまった…ロペスが抗議したが判定はくつがえらず…

15-0、30-0、30-15、40-15、

第8ゲーム:5-3錦織がキープ

メモ:錦織がフォアのウィナーを決めるなど危なげなくキープ

15-0、30-0、30-15、40-15、

第9ゲーム:5-4ロペスがキープ

メモ:ロペスがサービスエースを決めるなどキープに成功

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、

第10ゲーム:6-4錦織がキープ

メモ:錦織のサーブが好調、ポイントを重ねる…最後もサービスポイント

15-0、30-0、40-0、

イタリア国際2018 ドロー

2018 錦織圭の出場大会

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ