平野美宇、石川佳純、2人の日本代表が国際卓球連盟に注目される理由…
スポンサーリンク
今週の格言
今週の格言
才能とは、自分自身を、自分の力を信じることである。byゴーリキー

平野美宇、石川佳純、2人の日本代表が国際卓球連盟に注目される理由…

石川佳純、平野美宇、ワールドカップを前に注目される…

平野美宇石川佳純2017年のワールドカップに出場する日本代表の2人を国際卓球連盟がニュースでとりあげました。
16歳でワールドカップで優勝し、ディフェンディング王者としてのぞむ平野美宇、5度目の出場で優勝を狙う石川佳純、
2人に注目が集まっています…

スポンサーリンク



Embed from Getty Images
2016年大会での平野の優勝は、中国代表ではない選手がワールドカップではじめて優勝したことを意味しました。平野は9人目のワールドカップ女王となりました(過去の優勝者は全員、中国選手です)。

彼女は権威ある足跡をたどっています。 過去のW杯優勝者…鄧亜萍、丁寧、李暁霞、王楠、張怡寧は、オリンピック金メダリストと世界チャンピオンとなったレジェンド達です。

Embed from Getty Images

このように優勝経験者は錚々たる顔ぶれとなっています。さらに平野は、最も若い優勝者という偉業も達成したわけです。

平野美宇は2017年のワールドカップでは、最年少の出場選手となります(次に若いのがアメリカ代表、Z・リリーで21歳)。

2016年に優勝した時、平野美宇はわずか16歳でしたが、彼女は最年少のプレイヤーではありませんでした。
最年少はもう1人の日本のプレイヤー・伊藤美誠で、2000年10月21日土曜日生まれになります。
一方の平野美宇は2000年4月14日金曜日に誕生しています。

このように日本代表がいかに有望な若い選手を輩出しているかを、国際卓球連盟のニュースで述べられています。

スポンサーリンク



Embed from Getty Images

2017年の日本代表は平野と石川佳純の2選手となっています。
石川はキャリアの中で、5度目のワールドカップ出場となります。

石川は2011年のシンガポール大会ではグループステージ敗退、2年後の神戸ではベスト8、2014年のリンツでは3位、2015年の仙台では準優勝でした。

このように着実にワールドカップでステップアップをとげている石川ですが、2017年はその上を目指すことになります。

ちなみに平野はエクホルム(スウェーデン・44位)、石川は李皓晴(香港・42位)と初戦で対戦します。

2017年ワールドカップ 試合結果

☆卓球トップページ
☆卓球 2017スケジュール

参考・引用:Youngest when the defending champion but not when securing title
(https://www.ittf.com/2017/10/26/youngest-defending-champion-not-securing-title/)