錦織 5/27-全仏OP ドロー発表
5/27 15:00-バドミントン トマス杯 決勝
バド 女子 日本が世界一に!
5/22-卓球 香港OP2018
スポンサーリンク

上地結衣 日本・車いすテニス 若きエース ギネス記録保持者 選手名鑑

日本の車いすテニス、男子では国枝慎吾というグランドスラム40回の優勝を誇るエースがいます。 一方、女子では若手ながら、エースとして活躍しているのが上地結衣となります。 このページでは、上地結衣の選手名鑑を掲載しています。

選手名鑑

上地結衣(かみじゆい)

日本(兵庫県)出身

左利き・143cm

1994年4月24日生まれ(23歳)

所属:エイベックス

先天性の潜在性二分脊椎症で、成長と共に、歩行が困難になった。

最初は車いすバスケットをやっていたが、11歳から車いすテニスを始めた。

14歳という最年少で、日本ランキング1位となる。

2008年から2015年まで、全日本選抜車いすテニス選手権で8連覇をしている。

2012年、引退を決意してのぞんだロンドン・パラリンピックで、シングルス・ダブルスでベスト8。大舞台に立ったことで、競技継続を決意した。

2014年は、全仏、全米OPで優勝。この年、ジョーダン・ホワイリーと組むダブルスで、21歳135日で年間グランドスラムを達成(史上3組目)。ギネスに認定された。

2016年、金メダルを目標にしているリオ・パラリンピックでは、シングルス、ダブルスにベスト4まで勝ち進んでいる。

好奇心旺盛で負けず嫌いな性格。

海外遠征を経験することで、国際関係の仕事や外国語の習得に興味を持つようになった。

上地結衣が語る車いすテニスの競技人生について…

「自分はこれまでに色んなことに挑戦してきました。障害を持って生まれてきたということに関しても、たくさんの悔しい想いもしてきました。でも、そうしたことを乗り越える根本には「楽しさ」「楽しむ」「楽しい」という気持ちがあったと思います」

「テニスをずっと続けてこられたのも、一番には「楽しい」という想いがあるからです。「楽しい」からこそ、努力もするし、挑戦もできる」

「練習の後、パートナーの選手とおしゃべりするのも楽しいです。私が「努力」「挑戦」をしていくことにおいて、「楽しい」という気持ちはとても大切なものだと思っています」

「勝つことも大事ですし、反対に負けることも大事です。負けたときの悔しい気持ちがあるから、勝ったときの嬉しい気持ちがわかる」

出典: ギネス世界記録 特別インタビュー: 上地結衣

☆女子テニス トップページ