スポンサーリンク

女子テニス 日比野菜緒 若手の成長株 選手名鑑

伊達公子、杉山愛など、一時期はトップ選手を輩出していた日本の女子テニス界。現在は大阪、土居などがトップ100に入って活躍しています。そして、タシケント・オープン2016で快進撃を見せた20歳の若手選手が日比野菜緒です。このページでは、日比野菜緒についてまとめています。

※2017年9月更新

選手名鑑

日比野菜緒

Embed from Getty Images
愛知県生まれ 

163cm/57kg 

1994年11月28日(22歳) 

右利き・両手打ち  

現在ランキングは80位

今季成績:8勝13敗

プロ転向:2013年

ランキング推移:2012年末が578位 2013年末が291位 2014年末が207位 2015年末が66位と、着実にステップアップしている。

木曽川ローンテニスクラブ出身 

10歳よりテニスを始める。

サーブのスピード、ストロークの距離感に定評がある。

特にストローク戦では、不利な局面でも、コートを広く使うことで、形成を挽回することができる。

ネットプレーにも光るものがある。

2015年の7月には、アメリカの下部ツアーで、2大会で優勝するなど、成長しているところを見せた。テニスの駆け引き、戦略性などを、トップ選手の映像から見ることで、レベルが上がったようだ。

2015年はWTAツアーでは9月までで、ジャパン女子オープン・テニスで桑田 寛子を破って1勝を挙げたのみだった。

しかし、2015年の9月末開催のタシケント・オープンでは勝ち星を重ね、奈良くるみ以来の女子ツアー初優勝を達成した。この優勝は、日本女子テニスにおいて、史上9人目のツアー優勝になる。

名前の由来は、元世界14位の沢松奈生子からきている。ちなみに、兄の名前は修造である。

タシケント・オープン(WTAインターナショナル)

〇1回戦2VS0アンヘリーナ・カリニナ(ウクライナ・159位)

6-4 6-4

〇2回戦VSアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ・102位)

不戦勝

〇準々決勝2VS0カテリーナ・コズロバ(ウクライナ・200位外)

6-3 6-3

〇準決勝2VS0ボヤナ・ヨバノフスキー(セルビア・106位)

6-3 6-4

〇決勝2VS0ドンナ・ベキッチ(クロアチア・137位)

6-2 6-2

2016年のリオ五輪・日本代表として、土居、穂積と共に出場が決定した。

2016年には、全豪OP、全仏OPの本戦出場をはたした(共に1回戦敗退)。

☆女子テニス トップページ