スポンサーリンク

奈良くるみ 天才テニス少女と呼ばれるも、努力のプレイヤー 選手名鑑

ジュニア時代から国内では敵なし、早くから「天才テニス少女」と呼ばれていた奈良くるみ。しかし、本人の言葉を借りると、「才能は感じていなかった。努力でやってきた」という選手です。このページでは、奈良くるみの選手名鑑について、情報を掲載しています。

選手名鑑

奈良くるみ

nara kurumi

兵庫県出身 

155㎝/52kg 

1991年12月30日生まれ(25歳) 

右利き・両手打ち

ランキング:116位(最高は32位)

今季成績:6勝12敗

所属:安藤証券 

3歳よりテニスを始める。水主勝、望月寛子ら元プロ選手に指導を受けた。 

ジュニア時代には「天才テニス少女」と言われた。 

2003年には、全国小学生テニス選手権大会で優勝。 

中学に入学すると1年生で、全国中学生テニス選手権大会で優勝。 

高校に入学すると、1年時に全日本ジュニアテニス選手権18歳以下で優勝している。 

2007年のウィンブルドン選手権では、土居美咲と組んで、ジュニアダブルスで準優勝。 

2007年には、世界スーパージュニアでシングルス優勝。 

2009年にプロ転向し、全日本で初優勝。 

2010年にはウィンブルドン、全仏OPでグランドスラム本戦初出場。 

2013年の全米OPでは、第19シードのソラナ・チルステアを破って、自身初の四大大会3回戦進出をはたした。この結果、トップ100入りをはたしている。 

同年、HPオープンでツアー初のベスト4入り。 

2014年にはブラジル・リオ・オープンでツアー初優勝(日本女子・史上8人目)。 

2015年には、ジャパン女子OPで、久々に土居とダブルスを組み、準優勝をはたす。

2017年は勝ち星を伸ばせず、トップ100から陥落している。

リターンゲームでの力を発揮する。

以前はクレーコートを苦手としていた。 

プロデビュー後、3年間、四大大会に出られない時期があった。その時に「這い上がる力」「追い上げながら、気持ちをコントロールする術」などを身につけていった。また、技術面ではフィジカル、フォア、フットワークなどを磨いた。

かつては天才少女と呼ばれていたが、本人は「ジュニアの頃から才能を感じていなくて、努力でここまできた…」と語っている。 

☆女子テニス トップページ