錦織 8/11~ウエスタン&サザン
8/19~世界バドミントン
8/13~卓球ブルガリア
スポンサーリンク
テニス 2019年 錦織圭の出場大会
ドロー: 8/11~ウェスタン&サザン
バドミントン 2019日程
高梨沙羅 2019-2020日程
世界バドミントン・準々決勝 8/23桃田
世界バドミントン・準々決勝 8/23髙橋・松友
世界バドミントン・3回戦 8/22 桃田
世界バドミントン・3回戦 8/22 奥原
マラソン・駅伝 2018-2019日程
女子カーリング 8/9~アドヴィックスカップ
世界バドミントン: 8/19~男子シングルス
世界バドミントン: 8/19~女子シングルス
世界バドミントン: 8/19~女子ダブルス
世界バドミントン: 8/19~男子ダブルス
卓球・女子: 8/13-ブルガリア
卓球・男子: 8/13-ブルガリア
卓球・女子: 8/20-チェコ
卓球・男子: 8/20-チェコ
平昌五輪: 女子カーリング 結果

8/19~女子複・世界バドミントン2019 組み合わせ、試合結果、テレビ放送 髙橋・松友ら参戦(女子ダブルス)

世界バドミントン2019

女子シングルス・バドミントン

日程:8/19-8/25

場所:スイス(バーゼル)

時差:-7時間

テレビ放送:テレ朝チャンネル2がメイン

8/19(月)23:00-28:00:1回戦

8/20(火)23:00-28:00:2回戦

8/21(水)23:00-28:00:2回戦

8/22(木)18:00-28:00:3回戦

※深夜2:33-テレ朝

8/23(金)18:00-28:00:準々決勝

※深夜2:25-テレ朝

8/24(土)18:00-:準決勝/BS

※深夜0:45-テレ朝

8/25(日) 19:00-:決勝/BS

※深夜1:25-テレ朝

※3回戦からLive,黒文字はLive

※BS=BS朝日、テレ朝=地上波

※各日延長あり

世界バドミントン選手権2019、世界のトップ選手を擁する日本・女子ダブルス。昨年優勝の松本・永原を始め、髙橋・松友、福島・廣田らがエントリーしています。このページでは女子ダブルスの試合結果、組み合わせ、テレビ放送について記載しております。

Best8

bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-

速報:準々決勝/高松 

男子シングルス・世界バドミントン2019

女子シングルス・世界バドミントン2019

男子ダブルス・世界バドミントン2019

女子ダブルス・世界バドミントン2018

試合結果

2回戦:8/21※1回戦免除

松本
永原
21-9
21-6
ピーク
セイナ
福島
廣田
21-7
21-13
ボロト
アリー
髙橋
松友
21-11
21-12
MAP
SOM
田中
米元
21-8
21-18
ラム
メグ

3回戦:8/22

松本
永原
21-19
21-19
マイケ
サラ
福島
廣田
22-20
21-16

ユー
髙橋
松友
21-12
21-13
チョウ
リー
田中
米元
21-18
21-18
ラヴィ
Kiti

準々決勝:8/23速報/高松

松本
永原
22-20
3-3
棄権
田中
米元
福島
廣田
21-11
11-21
21-18
李紹希
申昇輩
髙橋
松友
25-23
18-21
23-25
李茵暉
ドゥ

準決勝:8/24

田中
米元
0-0
0-0
ポリイ
ラハユ
福島
廣田
0-0
0-0
李茵暉
ドゥ

スポンサーリンク

女子ダブルス・世界バドミントン2019 組み合わせ

badminton

tpower1978

全組み合わせ

bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-
bwf-world-championships-2019-women-doubles-draw-

数字は2019年8月時点の世界ランキング

日本代表選手

福島由紀,廣田彩花世界ランク1位、2018年は準優勝(松本・永原に敗退)。安定感抜群のペアで、各大会で上位進出が目立つ。2人ともシングルスでもプレーする力があり、攻守のレベルが高い。長いラリーを戦えるスタミナ、レシーブ力に優れる。

永原和可那,松本麻佑世界ランク2位。2018年は優勝。昨年は優勝をはたして自信を得て、飛躍した若手成長株。長身の松本が前衛で相手にプレッシャーをかけ、後衛で永原がしっかりレシーブしつつ、連続攻撃でたたみかける。攻撃力がとても高いペア。

髙橋礼華,松友美佐紀世界ランクは3位。2018年は3回戦敗退(松本・永原に敗退)。リオ金メダル。この4年間、モチベーションを失い好不調の波があったが、東京五輪を目の前にして調子も上向き。前衛で松友が速さを活かしてさばき、後衛で高橋が強打で決める形が強い。

米元小春,田中志穂世界ランクは8位。2018年はベスト4(福島・廣田に敗退)。五輪代表に向けて勝負の年だが、結果を残せておらず、巻き返しに期待したい。

※世界ランクは7月23日発表のもの

男子シングルス・世界バドミントン2019

女子シングルス・世界バドミントン2019

男子ダブルス・世界バドミントン2019

→バドミントン 2019年度の大会スケジュール

→2019年バドミントン・日本代表メンバー