錦織 12/21~ハワイOP
12/12~バドミントン ファイナル
12/11~カーリング LS北見
12/13~卓球 ファイナル
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 12/21~ハワイ・オープン2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 12/5~W杯
LS北見: 12/11~B National
卓球: 12/13~女子 ファイナル2018
卓球: 12/13~男子 ファイナル2018
バドミントン ファイナル: 12/12~女子シングルス
バドミントン ファイナル: 12/12~女子ダブルス
バドミントン ファイナル: 12/12~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~混合ダブルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報5/27トマス杯2018 決勝 日本VS中国(男子・世界バドミントン国別対抗戦2018)

トマス杯2018(男子・世界バドミントン国別対抗戦2018)・決勝

テレビ放送:BS朝日

試合日時:5/27(日)15:00-

日本1-3中国

桃田2-0諶龍(5位)
21-9,21-18
井上・金子0-2張楠・劉成(3位)
10-21,18-21
西本0-2石宇奇(3位)
12-21,17-21
園田・渡辺1-2李俊慧・劉雨辰(4位)
21-17,19-21,20-22
常山-林丹(8位)
行われず

男子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

速報

2年に一度の国別対抗戦、トマス杯2018で決勝に勝ち進んでいる日本代表。決勝トーナメントに入り、フランス、デンマークに勝利して決勝に進んでいます。決勝の中国戦を速報でお伝えします。

1桃田2-0諶龍(5位)

桃田 21-9
21-18
諶龍

メモ:エース対決は百田と諶龍。

29歳、187㎝の諶龍はここまで無敗、リオ五輪の金メダリスト。前後左右に対するレシーブ力に優れるなどディフェンスに非常に長けており、ミスも少なくラリーが安定した選手。スロースターター。

第1セット、桃田はチャンスでは積極的に攻めの姿勢を見せる。一方でラリーで我慢もできている。相手の体への桃田のショットやフェイントが効果的。ラリーでも優位に立ち、攻守ともに桃田が良く、途中からは相手の足を止めて一方的な展開になった。

第2セット、序盤は接戦で進む。諶龍がペースを変えて速い展開にもちこむ場面も出てくる。それでも桃田が攻守において質の高いプレーを見せる。マッチポイントを桃田が握り、最後は相手のショットがネット。

スポンサーリンク





2井上・金子0-2張楠・劉成(3位)

井上
金子
10-21
18-21
張楠
劉成

メモ:第1ダブルス、中国のエースペアは世界選手権で優勝している張楠、劉成。張楠は過去にリオ五輪で金メダルも獲得している。日本は世界11位の井上、金子、過去には張楠、劉成に1勝している。日本ぺは低い展開に持ち込みたいが…。

第1セット、序盤から中国ペアが攻守に畳みかけて一方的な展開。特にディフェンスが良く、強打を何度も返しくる。守備でペースを握った中国ペアは勢いが増し、攻撃に転じても次々とポイントを重ねた。

第2セット、金子、井上も低い展開に持ち込むなど、粘りを見せる。しかし、中国ぺがリードを守り、最後はスマッシュを決めた。

3西本0-2石宇奇(3位)

西本 12-21
17-21
石宇奇

メモ:カギを握るシングルス2番手は西本、今大会は4勝0敗。粘り強さ、スピードの変化、攻撃力なども増している。対するは石宇奇、中国の次代を担う選手で、非常にバランスが良い選手。

第1セット、石宇奇が隙を逃さずポイントを重ねる。ペースを握った石宇奇がリードを広げ一方的な展開になった。

第2セット、序盤は石宇奇の勢いが止まらず。しかし、西本がプレーに慣れ粘り強さを発揮して終盤に17-17に追いつく。それでも、石宇奇が最後は競り勝った。

4園田・渡辺1-2李俊慧・劉雨辰(4位)

園田
渡辺
21-17
19-21
20-22
李俊慧
劉雨辰

メモ:追い込まれた日本、第2ダブルスは園田、渡辺という普段は組んでいないペアでのぞむ。20歳の渡辺はサウスポー。対する李俊慧、劉雨辰はアジア選手権で2連覇。共に190㎝を超える長身ペア。サービスがうまく、長身を生かした強打が持ち味。

第1セット、互いに譲らず互角のプレーを見せる。日本ペアは中国の強打に反応し、良いディフェンス、レシーブを見せている。格上相手にプレッシャーをかける展開に持ち込んでいる日本ペア。焦る相手にイージーなミスも出る。初ペアだがコンビネーションも良い渡辺・園田、高い集中力で最後は強打をしのいでスマッシュで園田が決めた。日本ペアは好守からペースを握った。

第2セット、中国ペアが序盤から攻勢、得意のスマッシュでのポイントも増えてくる。日本ペアは守備に追われる場面が増え、コンビネーションのミスも出てくる。中国ペアがリードを守ってセットをとった。

第3セット、序盤で中国ペアがリード。しかし、日本ペアも大きく離されず9-11でインターバル。終盤まで日本がついていき、接戦に持ち込んで逆転…日本が20-18で先にマッチポイントを握るが…中国ペアが攻撃を強めて再逆転。

5常山-林丹(8位)

 

メモ:バドミントン
女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

バドミントン 2018年度の大会スケジュール

2018バドミントン・日本代表メンバー