錦織 6/18-ゲリー・ウェバー ドロー発表!
6/20 21:00頃-錦織 2回戦
6/26~バドミントン マレーシア2018
7/17-卓球 韓国OP2018
スポンサーリンク

速報5/21ユーバー杯2018 日本VSカナダ(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018・グループリーグ)

ユーバー杯2018(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018)

テレビ放送:CSテレ朝チャンネル2 

試合日時:5/21(月)午前11:00-

日本5-0カナダ

奥原2-0M・リー/14位
21-16,21-17
福島・廣田2-0レイチェル・ツァイ/116位
21-14,21-9
佐藤2-0B・タム/48位
21-14,21-14
田中・米元2-0ボーリュー組/281位
21-5,21-13
高橋沙2-0C・チョイ/738位
21-10,21-11

女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

速報

2年に一度の国別対抗戦、ユーバー杯2018に日本代表も出場します。今回は山口、奥原、高松ペアなど最強布陣でのそみますが、初戦のオーストラリアに続き、2戦目はカナダ代表と対戦、速報でお届けします。

1奥原2-0ミッシェル・リー/14位

奥原  21-16
21-17
M・リー

メモ今大会は横へ吹く強風があり、ペースをつかみにくい難しいコート。

カナダのエース、M・リーと対戦173㎝と長身を生かした強打が武器。手足が長くスマッシュを得意とする選手。対戦成績は2勝2敗

奥原は角度あるショット、強打に気を付けながら、得意のロングラリーに持ち込んでいきたい。第1セットは、強風で奥に押し込むのが難しい状況の奥原だが、前後の揺さぶりなども効いてリードを広げた。第2セットも奥原がペースをつかんでリードを広げる、終盤はリーも意地を見せて接戦になるも奥原が競り勝った。強打にも落ち着いて対応、強気の姿勢が光った。

スポンサーリンク




2福島・廣田2-0レイチェル・ツァイ/116位

福島
廣田 
21-14
21-9
レイチェル
ツァイ

メモ:福島・廣田は攻撃力が高く、2人ともチャンスでの前への入りが早い。カナダペアはコートを大きく使い、隙をついてくる。第1セットは途中まで風の対応に若干苦労して接戦だったが、中盤からは福島・廣田がペースを握った。第2セットは序盤から福島・廣田がリードを広げる、カナダペアは体力的にきつくなってついていけない。福島・廣田が猛攻を見せて圧倒。

3佐藤2-0B・タム/48位

佐藤  21-14
21-14
タム

メモ:カナダのシングル2番手は20歳のタム。ランキングも上げて、成長している選手。日本は経験も豊富な佐藤、ユーバー杯は2回目の出場。

第1セット、佐藤は落ち着いてゲームを支配、コートを広く使っている。タムは速く攻めたいタイプだが、佐藤が主導権を握る。第2セットも佐藤がリードする展開、コート後ろもうまく攻めることでさらにペースをつかんだ。タムは凡ミスが増えた。

4田中・米元2-0ボーリュー・パッケンハム/281位

田中
米元 
21-5
21-13
ボーリュ
ハム

メモ:力の劣る相手に圧倒する田中、米元。日本ペアは次戦以降を見据え、プレーを試す余裕もある。

5高橋沙2-0C・チョイ/738位

高橋  21-10
21-11
チョイ

メモ:チョイはカナダ期待の若手選手。高橋沙が力の差をみせて一方的な展開。シャトルコントロールもさえ、相手の後ろを左右に攻めて振り回している。

女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

バドミントン 2018年度の大会スケジュール

2018バドミントン・日本代表メンバー