錦織 12/21~ハワイOP
12/12~バドミントン ファイナル
12/11~カーリング LS北見
12/13~卓球 ファイナル
スポンサーリンク
テニス 2018年 錦織圭の出場大会
ドロー: 12/21~ハワイ・オープン2018
バドミントン 2018日程
マラソン・駅伝 2018-2019日程
LS北見: 12/5~W杯
LS北見: 12/11~B National
卓球: 12/13~女子 ファイナル2018
卓球: 12/13~男子 ファイナル2018
バドミントン ファイナル: 12/12~女子シングルス
バドミントン ファイナル: 12/12~女子ダブルス
バドミントン ファイナル: 12/12~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~女子ダブルス
全日本バドミントン: 11/27~男子シングルス
全日本バドミントン: 11/27~混合ダブルス
平昌五輪: 女子カーリング 結果

速報5/25ユーバー杯2018 準決勝 日本VS韓国(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018)

ユーバー杯2018(女子・世界バドミントン国別対抗戦2018)・準決勝

テレビ放送:BS朝日

試合日時:5/25(金)14:00-

日本3-1韓国

山口2-0成池鉉(7位)
21-10,21-13
福島・廣田0-2申昇瓚・キム
19-21,15-21
奥原2-0イ・ジャンミ(16位)
21-9,21-15
松友・高橋2-1ペク・イ
21-11,17-21,21-14
髙橋沙-アン(492位)
日本の勝利で、試合は行われない。

女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

速報

2年に一度の国別対抗戦、ユーバー杯2018でベスト4に勝ち進んだ日本代表。グループ予選を3連勝で勝ち抜き、準々決勝では台湾に快勝しました。準決勝は韓国と対戦しますが、速報していきます。

1山口2-0成池鉉(7位)

山口 21-10
21-13
成池鉉

メモ:1番手は山口。韓国は175㎝、26歳の成池鉉。成池鉉は背の高さを活かしたクリア、カット、スマッシュなどが得意。また、ミスが少ない。山口はネット際のドロップなどをうまく使いたい。主な国際大会での通算成績は、山口の4勝5敗。

第1セットは序盤で動きの良い山口が落ち着いてラリーに持ち込み、硬さが見られる成池鉉に対してリード。

第2セットはリードを許すも、ネット際のショットをうまく使って山口が追い上げる。さらに、後半には山口がショットコントロールも良く、連続ポイントでリードを広げることに成功した。
スポンサーリンク





2福島・廣田0-2申昇瓚・キム

福島
廣田 
19-21
15-21
申昇瓚
キム

メモ:福島、廣田の相手は申昇瓚、キム・ソヨン。韓国ペアは普段はあまりペアを組んでいない。福島・廣田は攻守ともにレベルがたかく、2人とも前衛、後衛をこなすことができる。

第1セット、韓国ペアは前のショットをうまく使って揺さぶってくる。攻撃的に来ており、勢いがある。一方の福島・廣田ペアは後手に回ってしまった。日本は終盤に猛追したが、最後は福島がミスをしてしまった。

第2セットも韓国ペアの速い攻め、強打が有効、中盤でリードを広げる。福島・廣田はラリーに持ち込めない場面もある…最後は崩されてスマッシュを許した。日本ペアは最後まで流れを変えられなかった…

3奥原2-0イ・ジャンミ(16位)

奥原  21-9
21-15
ジャンミ

メモ:3番手は奥原、強靭な粘りとメンタル、守備力に長ける選手。イ・ジャンミは168㎝、同様に粘り型のプレイヤー。

第1セットは奥原が圧倒、攻撃、フェイントがさえており、相手はコースを読めていない。奥原が前後に揺さぶり、先手を取ってる。奥原が隙を与えず一方的な展開となった。

第2セットはイ・ジャンミがスピードを上げて攻めへの姿勢を強めてリード。奥原はミスショットも目立っている。しかし、インターバルを前に奥原が4連続ポイントで追い上げる。中盤に相手のミスもあり、奥原が逆転に成功。終盤はジャンミの足が止まった。

4松友・高橋2-1ペク・イ

松友
高橋 
21-11
17-21
21-14
ペク

メモ:4番手は松友、高橋。韓国ペアは共に10代、期待のジュニア選手。

第1セット、スタートから高松ペアが6連続ポイントでスタート。良い形を作り、ショートポイントで高松ペアが得点している。前衛・松友の速いさばき、後衛・高橋の強打でポイントを重ねた。

第2セット、高松ペアのコンビネーションがさえる。韓国ペアも粘りを見せて接戦になる。終盤に得点を重ねた韓国ペアの動きが良くなって攻勢。逆転を許した。

第3セット、韓国ペアに疲労の色が見え足が止まっており、ミスも増えている。中盤、韓国ペアの粘りもあったが、高松ペアがリードして進めた。

5髙橋沙0-0アン・セヨン(492位)

 

メモ:バドミントン
女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果

バドミントン 2018年度の大会スケジュール

2018バドミントン・日本代表メンバー