錦織圭一覧

錦織とジョコビッチ トップの壁にぶつかる錦織 王者が示す頂点への道

チャンが授けた前に出るテニスで、トップ10の壁を破り、飛躍を遂げた錦織。しかし、そこで待っていたのは、ジョコビッチらライバルたちに研究され、得意のラリーの展開に持ち込めずに敗北するという大きな壁でした。 錦織はマイケル・チャンと共に、さらなる進化をめざし、特訓を始めることになりました。

錦織とマイケル・チャン チャンが示したトップ選手への道

NHKで「錦織圭 頂点への戦い」という番組が放送されました。番組はマイケル・チャンに出会ったことで、トップ選手への道を開いた錦織のテニススタイルの進化が語られました。そして、成長著しい錦織に対して、ジョコビッチ、マレーらトップ選手が研究をして対策が練られていく中で、錦織やマイケル・チャンがさらに成長を目指すといった内容になっていました。 このページでは、錦織がいかにトップ選手になり得たかについて、記事を書いています。

ジュニア時代に指導した米沢徹が語る錦織圭「学習能力の高さにとんでもない才能を感じた」 BS朝日解説者

現在、独特かつマイペースな語り口調で、BS朝日・錦織の試合を解説しているのが米沢徹氏です。錦織の米国留学時代、初期のコーチとして指導していた人物です。まさに、錦織のプロとなる土台を築いた人物と言えますが、このページでは、米沢徹が語る当時の錦織や指導方法、人物について、掲載しています。

両親が語る錦織圭の小学生時代「子供の一年は、大人の10年の価値がある」

今では世界に名をとどろかすプレイヤーとなった錦織圭。 しかし、子供の頃は病弱で、叱られれば萎縮し、怯える子供でした。 そんな錦織圭に対し、両親はどのような思いで接し、育てていったのでしょうか? 松岡修造との出会いも含め、幼少期~小学生時代を追いました。 「圭」という名前は、外国人も発音しやすい、外国でも受け入れやすい名前にしたいという思いで付けられています。狭い価値観ではなく、大きな世界へ羽ばたいてほしいという考えからでした(そして、その両親の思いは、その通りになったのです)